マグネット&クランプ対応の車載ホルダー 「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 5月20日発売

エム・エス・シーは、ワイヤレス充電に対応した車載ホルダー 「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 を発売する。

価格は7,920円(税込)、発売は5月20日を予定。ヨドバシカメラやキットカットなど一部店舗では予約受付が開始されている。

▼ 「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 を予約・購入する
ヨドバシ.com
Apple専門店 キットカット
キットカット 楽天市場店
キットカット ヤフー店

マグネットとクランプの両方でマウント可能な車載ホルダーが5月20日発売

「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 は、ワイヤレス充電に対応したスマートフォン用の車載ホルダー。

本製品には、MagSafe対応iPhoneをマグネットでマウントする 「マグネットモード」 と、MagSafe非対応のiPhoneやAndroidスマートフォンを検知して自動でクランプする 「オートクランプモード」 の2種類のマウントモードが用意。装着するスマートフォンによってマウント方法を切り替えて使えるのが大きな魅力だ。

マウント部はワイヤレス充電パッドになっていて、スマートフォンをマウントしながらワイヤレス充電が利用できる。iPhoneには最大7.5W、GalaxyなどAndroidスマートフォンには最大10Wで充電可能だ。

内部の送電コイルはムービングコイル方式が採用されていて、送電コイルが自動で上下に動くことで、装着するスマートフォンに合わせて最適な位置でワイヤレス充電を行う仕組み。

マグネットモード時には、強力なネオジム磁石でMagSafe対応iPhoneを吸着。走行時の振動にも強く、最も充電効率が良い位置でワイヤレス充電が可能だ。ちなみに、マグネットモードではiPhoneの背面カメラに干渉しないよう、送電コイルが最上部に移動する。

オートクランプモード時には、スマートフォンだけを感知し、左右のウイングでスマートフォンを左右からしっかりホールドする。送電コイルはスマートフォンに合わせて最も最適な位置に移動するようになっている。

本製品は3種類の取り付けマウンターが付属していて、スタンダードな送風口のほか、ブリッジタイプの送風口やダッシュボードにも取り付けが可能。給電はUSB Type-Cケーブル経由で行う仕組みで、充電用のUSBジャックがない車両の場合は別途カーチャージャーが必要になるとのことだ。

「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 は、5月20日から販売が開始される予定で、価格は7,920円(税込)。ヨドバシカメラやキットカットなど一部店舗では予約受付が開始されている。

▼ 「Freedy デュアルモード カーマウントワイヤレスチャージャー」 を予約・購入する
ヨドバシ.com
Apple専門店 キットカット
キットカット 楽天市場店
キットカット ヤフー店

(画像提供:エム・エス・シー)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。