Apple、防水新機能の特許を申請か iPhone完全防水化計画、進行中

Appleはここ数年、防水機能にかなり力を入れている。「iPhone 6s / 6s Plus」に関しては1時間以上も水につけても生きていたという検証動画も上がっているほどだ。

水を排水する技術の特許を申請

未来のiPhoneは、水に浸けても自動で水を排水するかもしれない。

iphone-water-proof2

今回Appleは、電荷や音響技術を使ってデバイスから水を排水する技術の特許を申請したとのことだ。米国特許商標庁(USPTO)が公開している。

この技術は、音響モジュールの中にあるセンサーが湿気を感知すると、自動的に「液体が入ってきた」と認識してデバイス出口に向かって押し出す仕組み。

iphone-water-proof1

端末内の伝導部分を「電荷」させ、水と馴染まない状態に変えることと、スピーカーチャンバー部分に水を引き込み、その水を排水するというものらしい(専門家ではないので、あまり詳しくはわからない。知っている人は教えて!)。

防水技術に関して、Appleはこれ以外にも多くの特許を取得している。そのどれを採用するかは分からないが、Appleが防水機能を真剣に検討していることが伺える。

海やプールでiPhoneが使える日も、そう遠くはない?

[ via AppleInsider ]

iphone-water-proof2
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう