Samsung、「Galaxy Buds Live」 正式発表。AKGの音響技術を活用した新型完全ワイヤレスイヤホン

現地時間8月5日、Samsungは新製品発表イベント 「Galaxy Unpacked August 2020」 をオンライン開催。同社の新型完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds Live」 を発表した。

新型完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Live」 が正式発表

「Galaxy Buds Live」 は、2020年2月に発売した完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds+」 の実質的後継モデル。

先代モデルを設計レベルから見直し開発された製品で、内部コンポーネントを垂直ではなく水平にレイアウト、人間工学に基づいて1日中つけても快適に使えるデザインを追求した。より ”豆” のように丸くなっているなど、大幅な製品デザインの変更が行われている。

「Galaxy Buds Live」 には12mmのスピーカーと低音ダクトが搭載されているほか、AKGのサウンドチームの協力によって音質面でも魅力的な製品に仕上がっているとのこと。

搭載されている3つのマイクと音声ピックアップユニットと合わせてユーザーの声をクリアにキャッチ。通話相手に綺麗な音声で伝えることができる。さらにアクティブノイズキャンセレーション(ANC)も搭載されるなど、実用性も十分だ。

Samsungによれば本製品はGalaxyデバイスだけでなく、様々なデバイスとも互換性を持っているとのこと。互換性のあるデバイスとはシームレスな切り替えが可能で、毎度の切断・再接続は不要としている。

また、Galaxyデバイスとペアリングした際には、「Galaxy Buds Live」 をマイクロフォンとして利用でき、音楽だけでなく通話用デバイスとしてのソリューションを提案する。

「Galaxy Buds Live」 はタッチ操作に対応しており、音声コントロールやアプリの起動、メッセージの送信に対応するBixbyボイスウェイクアップもサポートする

バッテリー駆動時間はイヤホン単体で最大6時間。バッテリーケースを併用することで最大15時間の駆動が可能だ。また、素早く充電する必要があるときは5分の充電で1時間の利用ができるクイックチャージにも対応している。

米国での発売は8月6日を予定しており、価格は169ドルから。日本での発売については現時点ではアナウンスはないため、続報に期待だ。

関連記事
Samsung、「Galaxy Z Fold2」 発表。画面の大型化と耐久性が向上した新型折りたたみスマホ
Samsung、「Galaxy Note20 / Note20 Ultra」 正式発表 スペック・発売日・価格まとめ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。