Samsung、新型完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+」発表 駆動時間が2倍、音質も改善

現地時間2月11日、Samsungは米サンフランシスコで新製品発表イベント 「Galaxy UNPACKED 2020」 を実施。新型完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds+」 を発表した。

「Galaxy Buds+」 は、昨年発表された完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds」 の後継モデル。バッテリー持ちと音質の改善が大きな特徴になっていて、さらにSpotifyとの連携によってユーザーの視聴履歴に応じて最適なプレイリストを再生する機能も追加されている。

バッテリー持ちと音質が向上した 「Galaxy Buds+」 が発表

「Galaxy Buds+」 の特徴を紹介していこう。まずは最大の改善点ともいえるバッテリー持ちについてだが、「Galaxy Buds+」 はイヤホン単体で11時間、バッテリーケース併用で最大22時間の駆動が可能だ。先代モデルがそれぞれ6時間と13時間だったことを踏まえると、これは大幅な改善と言えるだろう。

バッテリーケースはワイヤレス充電にも対応する。さらに3分の充電で1時間の再生ができる急速充電機能も用意されているため、バッテリー残量に困る機会はおそらく少ないはずだ。

もちろん、ワイヤレス充電のほかに有線での充電もサポートする。コネクタはUSB Type-Cで、高速に充電することが可能だ。

音質についても改善が図られている。初代 「Galaxy Buds」 からスピーカーが1個増加しツイーターとウーファーが1個ずつになり、低音が増強されていて、以前に比べて迫力のある音に仕上がっているとのこと。さらにマイクもアウターが2個、インナーが1個になったことでよりクリアな音質で通話できるようにも改良が行われている。

ちなみに 「Galaxy Buds」 にはアウターマイクで周囲音を拾うことができるアンビエントモードが搭載されているが、「Galaxy Buds+」 でも引き続き利用することが可能。アウターマイクが2つに増えたことでよりクリアな音が聞けるようになったようだ。

AirPods Proのようにアクティブノイズキャンセリング機能などは搭載されていないが、価格は割と抑えめの149ドル。先代モデルから20ドルアップしているものの、好評だった 「Galaxy Buds」 の進化モデルということもあり、今回の 「+モデル」 も高い評価を受けることになりそうだ。

「Galaxy Buds+」 のカラーラインナップはブラック・ホワイト・ブルーの3色。ちなみに先代はブラック・ホワイト・イエローだった。本製品は2月14日に発売予定だが、米国内のキャリアなどでは3月6日以降に販売が開始される予定だ。

関連記事
Samsung、「Galaxy S20/S20+/S20 Ultra」 正式発表 スペック・発売日・価格まとめ
【比較】Galaxy S20シリーズはS10シリーズからどう進化した?
Samsung、「Galaxy Z Flip」 正式発表 スペック・発売日・価格まとめ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。