Samsung、新型スマホ 「Galaxy Note 10 / 10+」 正式発表 スペック・発売日・価格まとめ

現地時間8月7日、韓国Samsungは米ニューヨークで新製品発表イベント 「Galaxy UNPACKED 2019」 を開催。新型フラグシップスマートフォン 「Galaxy Note 10 / 10+」 を発表した。

新型Galaxy Noteは「10」と「10+」の2種類に

今回発表された 「Galaxy Note 10 / 10+」 は、今年2月に発表されたスマートフォン 「Galaxy S10 / S10+」 の大型モデル。先代の 「Galaxy Note 9」 はひとつのモデルしか存在しなかったが、今回は画面サイズ別に2モデルが用意されることに。

画面はどちらも有機ELディスプレイが採用、画面サイズは 「Galaxy Note 10」 が6.3インチ、「Galaxy Note 10+」 が6.8インチ。解像度は前者が1080×2280、後者が1440×3040でアスペクト比は19:9、どちらもHDR10+の表示に対応する。ちなみに、「Galaxy Note 10+」 はGalaxyシリーズで最も大きなデバイスになっている。

ディスプレイ上部にはパンチホールと呼ばれる小さな穴が配置されており、ここにフロントカメラが内蔵。これはGalaxy S10シリーズと同じ製品デザインになっている。

この小さな穴にカメラを内蔵することによって、上下のベゼルが狭化。特に上部ベゼルに関してはかなり細くなっている。

生体認証は顔認証機能と指紋認証機能のふたつ。指紋認証機能は画面内蔵型で、画面の上に指を置くことでユーザー本人の確認が可能だ。

ちなみに、「Galaxy Note 10」 シリーズでは、Galaxy Note 9に存在したBixbyボタンや3.5mmオーディオジャックが廃止。さらにこれらの廃止に加えて、電源ボタンの位置も変更になったようだ。

Galaxy Note 10とGalaxy Note 10+の詳しい違いについてはこちらの比較記事で解説している。

関連記事
【比較】「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 の違いを解説

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

今回のGalaxy Noteシリーズには 「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 のふたつの製品ラインナップが用意されているが、両者の主な違いは画面サイズと背面カメラの個数だ。

「Galaxy Note 10」 にはトリプルレンズカメラ、「Galaxy Note 10+」 にはクアッドレンズカメラが搭載される。

「Galaxy Note 10」 の背面カメラは、1,200万画素の通常画角レンズと、1,200万画素の望遠レンズ、1,600万画素の超広角レンズの3つ。

「Galaxy Note 10+」 には1,200万画素の通常画角レンズと、1,200万画素の望遠レンズ、1,600万画素の超広角レンズ、ToFカメラ (深度センサー) の4つが搭載されている。このToFセンサーが搭載されたことで、「Galaxy Note 10+」 はボケ効果のある動画撮影が可能になっている。

搭載されるSoCは 「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 ともに7nm (64bit) のオクタコアプロセッサ。

メモリ容量は 「Galaxy Note 10」 が8GB/12GB、「Galaxy Note 10+」 が12GBのみとなっている。

ストレージ容量は、「Galaxy Note 10」 が256GB。「Galaxy Note 10+」 が128GB/256GBの2種類。外部ストレージに関してはどちらも最大1TBのmicroSDに対応する。

そのほかの機能として、「Galaxy Note 10」 シリーズはUSB Type-Cポートを搭載し、最大45WのUSB-PD充電に対応する。また、ワイヤレス充電に対応するだけでなく、他デバイスをワイヤレス充電できるワイヤレスパワーシェア機能にも対応する。

通信はWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/axに対応し、最新のWi-Fi 6をサポートする。防水等級はIP68で防水・防塵仕様だ。

さらに、Galaxy S10シリーズと同様、「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 にも5Gモデルが投入される。5Gはミリ波に対応し、高速通信が可能だ。

カラーラインナップは、「Galaxy Note 10」 はAura Black、Aura White、Aura Glow +α。「Galaxy Note 10+」 はAura Black、Aura White、Aura Glow、Aura Blueの全4色。価格は 「Galaxy Note 10」 が949.99ドルから、「Galaxy Note 10+」 が1099.99ドルから。

発売は2019年8月23日を予定しており、米国では8月8日から予約受付が開始される。

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

Noteシリーズの最大の特徴 「Sペン」 も進化

Galaxy Noteシリーズといえば、スタイラス 「Sペン」 が最大の特徴だ。今回の新型Sペンにはモーションセンサーが搭載されており、空中で動かすことで特定の操作ができるようになっている。

例えばカメラを起動した状態で、ボタンを押しながら動かすとカメラを遠隔操作することが可能。クルクルとペンを回すことでズームイン・ズームアウトが可能だという。

さらにメモアプリにおいては、Sペンで書いた文字をテキスト化することが可能になっている。

Sペンは 「Galaxy Note」 シリーズの本体カラーと統一感のあるカラーになっていて、例えばAura Whiteには白色のSペンが付属する。


Galaxy Note 10とGalaxy Note 10+の違いはこちらの比較記事から確認可能。どちらを購入しようか迷った方はぜひ参考にしていただきたい。

関連記事
【比較】「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 の違いを解説

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
ディスプレイ Dynamic AMOLED Infinity-O Display
ディスプレイサイズ 6.3インチ 6.8インチ
解像度 1080 × 2280
(401ppi)
1440 × 3040
(498ppi)
生体認証 指紋認証:超音波方式 (画面内蔵型)
顔認証
プロセッサ 7nm 64-bit Octa-core processor
背面カメラ トリプルレンズ
 16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
クアッドレンズ
16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
DepthVisionカメラ
前面カメラ シングルレンズ
10MP(F2.2)
シングルレンズ
10MP(F2.2)
メモリ 8GB / 12GB 12GB
本体ストレージ 256GB 256GB / 512GB
外部ストレージ microSD (最大1TB)
外部ポート USB-C
バッテリー容量 3,500mAh 4,300mAh
充電 45W USB-PDに対応
ワイヤレス充電対応
ワイヤレスパワーシェアに対応
OS Android 9.0
通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
4G/5G
防水 IP68
本体サイズ 71.8 x 151.0 x 7.9mm 77.2 x 162.3 x 7.9mm
重量 168g 196g
(5G対応モデルは198g)
カラー Aura Black
Aura White
Aura Glow
Aura Black
Aura White
Aura Glow
Aura Blue
価格 949.99ドル 1099.99ドル
発売日 2019年8月23日(米国時間)
予約は8月8日から

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。