【比較】「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 の違いを解説

現地時間8月7日、韓国Samsungは2種類の新型スマートフォン 「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 を発表した。

両スマートフォンは、同社のフラグシップスマートフォン 「Galaxy Note」 シリーズの2019年最新モデル。今年2月に発表された 「Galaxy S10 / S10+」 を大型化したようなモデルだが、単に大きいだけでなく 「Sペン」 というスタイラスが使えるなど、Galaxy S10シリーズとは異なる使い方ができるのが特徴だ。

これまでGalaxy Noteシリーズはひとつのモデルのみが販売されていたが、今年からは 「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 の2種類が用意されることになった。

そこでこの記事では、「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 の違いについて解説する。どちらのモデルを購入するか迷った場合の参考にしていただきたい。

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

「Galaxy Note 10」と「Galaxy Note 10+」の大きな違いは5つ

「Galaxy Note 10」 と「Galaxy Note 10+」 には大きく分けて5つの違いが存在する。

  • 画面サイズ・筐体サイズ
  • 背面カメラの数
  • RAM容量・ストレージ容量
  • カラーラインナップ
  • 価格

画面サイズは6.3インチと6.8インチの2種類

まずは画面サイズだが、「Galaxy Note 10」 は6.3インチの有機ELディスプレイ、「Galaxy Note 10+」 は6.8インチの有機ELディスプレイが採用されている。

画面解像度は 「Galaxy Note 10」 が1080×2280、「Galaxy Note 10+」 が1440×3040。アスペクト比はどちらも19:9だが、画面に対して描写が綺麗なのは 「Galaxy Note 10+」 ということになるだろうか。

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
画面サイズ 6.3インチ 6.8インチ
解像度 1080 × 2280 1440 × 3040

ただし、どちらもHDR10+ (HDR10の拡張規格) を採用するため、両者の画質の違いはさほどないものと予想される。

ちなみに、「Galaxy Note 10+」 の画面サイズ6.8インチは、Galaxyシリーズで最も大きな画面になる。

筐体サイズ・重量

画面サイズが異なるため、当然ながら本体(筐体)サイズ・重量が異なる。

Samsungの発表によると、 「Galaxy Note 10」 の筐体サイズは71.8 x 151.0 x 7.9mm、対する 「Galaxy Note 10+」 は77.2 x 162.3 x 7.9mmで、後者の方が一回り大きい。

これはSamsungが手の小さな女性ユーザーのためにコンパクトなGalaxy Noteを用意したかったからで、「Galaxy Note 10」 は 「Galaxy S10+」 にやや近い、あるいは少し大きいくらいになっている。

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
本体サイズ 71.8 x 151.0 x 7.9mm 77.2 x 162.3 x 7.9mm
重量 168g 196g

重量は 「Galaxy Note 10」 が168g、「Galaxy Note 10+」 は196gで、当然ながら画面の大きな後者の方が重量は重くなっている。

背面カメラはトリプルかクアッドか

「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 の両スマートフォンの最大の違いのひとつといっても過言ではないのが、背面カメラの個数だ。

「Galaxy Note 10」 に搭載されているカメラは3つのトリプルレンズ。対する 「Galaxy Note 10+」 は4つのレンズが搭載されたクアッドレンズになっている。

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
背面カメラ トリプルレンズ
 16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
クアッドレンズ
16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
DepthVisionカメラ
前面カメラ シングルレンズ
10MP(F2.2)
シングルレンズ
10MP(F2.2)

「Galaxy Note 10」 の背面カメラは1,200万画素の通常画角レンズと、1,200万画素の望遠レンズ、1,600万画素の超広角レンズが搭載されている。

「Galaxy Note 10+」 には1,200万画素の通常画角レンズと、1,200万画素の望遠レンズ、1,600万画素の超広角レンズ、ToFカメラ (深度センサー) の4つが搭載。

大きな違いは4つ目のToFセンサーがあるか、ないか。ToFセンサーとは光の飛行時間を使って三次元情報を計測できるセンサーのことで、被写体を立体的に撮影できる特殊なセンサーになる。

この機能を使うことで、「Galaxy Note 10+」 はボケ効果がある動画撮影が可能になるという。必須という機能ではないものの、映画のような美しい映像を撮りたいなら同機能はあった方がいいかもしれない。

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

「Galaxy Note 10+」 のみ512GBモデルが用意

スマホに大量のデータを保存するつもりなら、Galaxy Note 10シリーズは 「Galaxy Note 10+」 を選んだ方がいいかもしれない。というのも、「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 は内蔵ストレージのラインナップが異なる。

「Galaxy Note 10」 は256GBモデルのみが用意されているが、「Galaxy Note 10+」 の場合は256GBモデルの他に512GBモデルが用意されており、より多くのデータが保存可能だ。

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
ストレージ容量 256GB 256GB / 512GB
外部ストレージ microSDカード (最大1TBまで対応)
メモリ容量 8GB / 12GB 12GB

旅行で撮影した写真や動画をスマートフォンに大量に残しておきたいなら、ストレージ容量の大きさという意味では 「Galaxy Note 10+」 の方が優れていると言えそうだ。

ただし、外部ストレージはどちらも1TBまで対応しているため、大容量のmicroSDカードを使うことを前提とするならば、内蔵ストレージ容量は必ずしも512GBモデルを選ぶ必要はないかもしれない。

ちなみに、RAM容量に関しては 「Galaxy Note 10」 は8GBと12GBの2モデルが用意されているが、「Galaxy Note 10+」 は12GBモデルオンリーとなっている。もちろんメモリ容量が少なければ価格は安くなるが、メモリは多数のアプリを起動するのに必要なものなので、できれば多いに越したことはないだろう。

カラーラインナップと価格について

ここまで 「Galaxy Note 10」 と 「Galaxy Note 10+」 の違いについて解説してきたが、最後にラインナップと価格の違いについて解説しようと思う。

まずはカラーラインナップについてだが、Samsungの正式発表によると、「Galaxy Note 10」 には3色(Aura Black、Aura White、Aura Glow)+α、「Galaxy Note 10+」 には4色(Aura Black、Aura White、Aura Blue、Aura Glow)が用意されている。現時点で正式発表されていないものの、女性向けを意識して開発したこともあり、赤など女性らしいカラーもいくつか用意されているという。

価格は 「Galaxy Note 10」 が949.99ドルから、「Galaxy Note 10+」 が1,099.99ドルからで、今月23日に販売が開始される予定だ。米国では8月8日に予約受付が開始されるが、日本を含むグローバルな発売については現時点でアナウンスされていない。

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

  Galaxy Note 10 Galaxy Note 10+
ディスプレイ Dynamic AMOLED Infinity-O Display
ディスプレイサイズ 6.3インチ 6.8インチ
解像度 1080 × 2280
(401ppi)
1440 × 3040
(498ppi)
生体認証 指紋認証:超音波方式 (画面内蔵型)
顔認証
プロセッサ 7nm 64-bit Octa-core processor
背面カメラ トリプルレンズ
 16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
クアッドレンズ
16MP 超広角カメラ(F2.2)
12MP 広角カメラ(F1.5/F2.4)
12MP 望遠カメラ(F2.1)
DepthVisionカメラ
前面カメラ シングルレンズ
10MP(F2.2)
シングルレンズ
10MP(F2.2)
メモリ 8GB / 12GB 12GB
本体ストレージ 256GB 256GB / 512GB
外部ストレージ microSD (最大1TB)
外部ポート USB-C
バッテリー容量 3,500mAh 4,300mAh
充電 45W USB-PDに対応
ワイヤレス充電対応
ワイヤレスパワーシェアに対応
OS Android 9.0
通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
Bluetooth 5.0
4G/5G
防水 IP68
本体サイズ 71.8 x 151.0 x 7.9mm 77.2 x 162.3 x 7.9mm
重量 168g 196g
(5G対応モデルは198g)
カラー Aura Black
Aura White
Aura Glow
Aura Black
Aura White
Aura Glow
Aura Blue
価格 949.99ドル 1099.99ドル
発売日 2019年8月23日(米国時間)
予約は8月8日から

▶︎ Samsungの 「Galaxy Note」 シリーズを各キャリアで購入する
NTTドコモ / KDDI (au)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。