Samsungの新型スマホ「Galaxy S9」のベンチマークスコアが判明

Samsungは2月25日、新型フラグシップスマホ「Galaxy S9」を発表することをすでに告知しているが、同端末のベンチマークスコアが一足早く明らかになっている。

「Galaxy S9」のベンチマークスコアと思わしきデータがアップロードされたのは、人気ベンチマークサイト「Geekbench」。アップロードされた日付は2月12日で、端末名は「samsung SM-G960F」と記載されている。

詳細なデータを確認すると、「Galaxy S9」はSamsung製のSoC「Exynos 9 Series 9810」を搭載しており、RAMは4GB。OSは「Android 8.0 Oreo」がインストールされているとのこと。

そして、肝心のベンチマークスコアはシングルスコアが3648、マルチコアスコアが8895となっていたようだ。同スコアを現行モデルの「Galaxy S8」や、ライバル社であるAppleのフラグシップスマホ「iPhone X」と比べると以下の通り。

端末名 シングルコアスコア マルチコアスコア
Galaxy S9 3648 8895
Galaxy S8 1954 6428
iPhone X 4204 10110

上記表を見ていただければすぐに分かると思うのだが、「Galaxy S9」は現行モデルの「Galaxy S8」よりシングルコアスコアが1,700ほど、マルチコアスコアが2,500ほど向上している様子が伺える。また、残念ながら数字上は「iPhone X」のスコアには及ばないようだ。

ただし、今回ベンチマークスコアが計測されたのは「Exynos 9 Series 9810」が搭載されたモデルだったが、一部の地域で販売されるモデルには「Qualcomm Snapdragon 845」が搭載されると噂されている。

あるレポートによると、「Snapdragon 845」は「Exynos 9 Series 9810」に比べると、全体的な性能が31%ほど高くなると予想されているとのことなので、もしかすると「Snapdragon 845」が搭載されたモデルのベンチマークスコアはもう少し高くなるかもしれない。

[ via BGR ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。