「Galaxy Z Fold4」 ドコモ/auから9月29日発売。本日より予約受付開始

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

サムスン電子ジャパンは、折りたたみスマートフォンの最新モデル 「Galaxy Z Fold4」 の国内発売を発表した。

「Galaxy Z Fold4」 は、国内キャリアではNTTドコモとauで取り扱われる。カラーはグレーグリーン1色となっていて、発売日は9月29日。本日9月8日から予約受付が開始される。

価格はauが249,960円で、スマホトクするプログラム利用で最安149,040円で購入可能 (いずれも税込) 。ドコモは現時点ではまだ未定となっている。

▼ 各キャリアで 「Galaxy Z Fold4」 を購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

「Galaxy Z Fold4」 国内で9月29日に発売

「Galaxy Z Fold4」 は横折り式の折りたたみスマートフォンで、「Galaxy Z Fold3 5G」 の後継モデルにあたる。

本デバイスの最大の特徴は、折り曲げられるAMOLEDの特徴を活かし、スマートフォン自体を折り曲げられること。折り曲げたときはコンパクトな画面になり、開いた時はより大きな画面となるため、普段は折りたたんで使用し、ドキュメントや動画を見る際などに開いて大きな画面で作業するといった使い方が想定される。

本体サイズは、本体を開いた状態では130.1 x 155.1 x 6.3mm。閉じた状態では67.1 x 155.1 x 15.8mm〜14.2mmとなる。本体重量は263gで、先代比で8gの軽量化が図られた。先代モデルよりも高さがわずかに低くなったことで、片手で操作しやすくなっている。

本体の耐久性は従来モデルよりも進化しており、メインディスプレイは20万回の開閉テストをクリア、パネルと保護フィルムのどちらも強化されており、画面が傷つきにくく、画面の保護フィルムも剥がれにくい。

画面を閉じたときの前面背面にはGorilla Glass Victus+が採用。フレームとヒンジにはアーマーアルミニウム(アルミ合金)が使用されており、耐衝撃性に優れている。

本体を開いたときの画面サイズは7.6インチ。リフレッシュレートは先代の10Hz〜120Hzから1Hz〜120Hzに変更されており、省電力性が向上。最大輝度も900ニトから1000ニトになったことで、明るい画面でコンテンツを楽しめるようになった。

開いたときにタブレット並みの大画面になるのは先代モデルと変わらないが、ベゼルの最小化とアスペクト比の最適化により、より正方形に近いサイズ感に。

従来まではコンテンツを大画面で見るときに横に持ち替えていたユーザーが多かったとのことだが、「Galaxy Z Fold4」 では縦のままでも情報量が多く、わざわざ持ち替える必要がなくなった。

また、「タスクバー」 機能により、起動したアプリが画面下にアイコンで表示され、ワンタップでアプリの切り替えができるように。画面分割もタスクバーからドラッグ&ドロップでできるようになっており、よりPCライクに操作できるようになった。

本体を閉じたときのカバースクリーンのサイズは6.2インチ。本体の縦幅が小さくなったものの、画面サイズは変わらないことから、片手で使用しても画面上部に指が届きやすいというメリットがある。

画面を90°の角度でデスクなどに置いて使用する 「フレックスモード」 では、下画面をタッチパッドのように使ってカーソルを動かし、上画面を触らずとも操作できる 「フレックスモードパネル」 が使用可能に。動画視聴などをするときに便利だ。

背面カメラは、5000万画素 (f/1.8、85°) のメイン広角レンズと、1200万画素 (f/2.2、123°) の超広角レンズ。1000万画素 (f/2.4、36°) の望遠レンズのトリプル仕様。NPUの性能向上によって、暗所撮影がより得意になったほか、望遠レンズについては先代の1200万画素→1000万画素に変更されたものの、3倍の光学ズームと30倍のスペースズームが可能になっている。

カメラ撮影時の細かいアップデートとして、ズーム撮影をしている際に左画面からズームマップを確認できるように。20倍以上の倍率で撮影している際に自動で表示され、今どの部分を撮影しているのかを確認することができる。ちなみに、この時点で手ブレロックもかかる仕組みであるとのことだ。

搭載SoCは、4nmプロセステクノロジーを採用するQualcommのオクタコアチップセット 「Snapdragon 8+ Gen 1」 となり性能が向上。機械学習特化のプロセッサNPUの性能も66%向上しているとのこと。国内販売モデルはRAM容量が12GB、ストレージ容量が256GB。

ネットワークは4Gのほか5Gをサポート。5Gはサブ6GHz帯とミリ波帯の両方に対応する。SIMは、eSIMとNano SIMカードスロットのそれぞれ1基ずつで構成されたデュアルSIMに対応。

また、先代モデルと同様にスタイラス 「Sペン」 にも対応し、ジェスチャー操作 「Air Action」も利用可能だ。

販売キャリアはドコモとauの2社で、カラーはグレーグリーン1色のみ。本日9月8日から予約受付が開始される。

価格はauが249,960円で、スマホトクするプログラム利用で最安149,040円で購入可能 (いずれも税込) 。ドコモは現時点ではまだ未定となっている。

「Galaxy Z Fold4」 の予約キャンペーンも実施される。予約&購入&アプリ応募をすると、 「Galaxy Watch4 (40mm)」 を無料でゲット、もしくは最新の 「Galaxy Watch5」 が欲しい場合は、25,000円のキャッシュバック (セブン銀行で受け取り可能) をもらうことができる。購入&応募期間は9月29日〜10月16日までだ。

▼ 各キャリアで 「Galaxy Z Fold4」 を購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Galaxyは、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。

KDDIの商品および各サービスの名称等は、KDDIの商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。