完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds2 Pro」 発表。独自コーデック採用+Bluetooth LE Audioへの対応を予定

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

韓国Samsungは8月10日、新製品発表イベント 「Galaxy Unpacked」 を開催し、完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds2 Pro」 を発表した。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能の向上、独自コーデック+Bluetooth LE Audio対応など新機能盛りだくさん

「Galaxy Buds2 Pro」 は、昨年発売した完全ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds Pro」 の後継モデル。特徴はアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能の改良のほか、24bit再生に対応したことで音質が改善されている。本体サイズも先代モデルから約15%小型化を実現しており、フィット感を高め装着時のストレスを軽減している。

アクティブノイズキャンセリング機能は、3つの内蔵マイクをいずれも雑音処理に強いものに置き換え(先代は1基のみ)、さらにDNN (ディープニューラルネットワーク※ディープラーニングの学習法のひとつ)を活用することで、従来よりも高い精度のノイズキャンセリングが可能になった。

また、外部音を取り込めるアンビエントモードにも対応し周囲の音を取り込める。ノイズキャンセリングとアンビエントモードは自動切替えに対応しており、使用者の声を拾うと自動で視聴中のオーディオコンテンツの音量を下げアンビエントモードに切り替わるスマート仕様。

音質についても改善が行われており、ハイダイナミックレンジな24bit Hi-Fiサウンドの再生に対応。独自のシームレスコーデック 「Samsung Seamless Codec (SSC)」 を採用することで、安定した接続のもとで高品質の音楽転送が可能だ。これらは、Android One UI 4.0以上を搭載したSamsung Galaxyデバイスとの接続で利用できる。

また、Dolby Atmosによる空間オーディオ再生にも対応しており立体音響を楽しめるほか、紛失時に位置を確認できる 「SmartThings Find」 機能にも対応する。

Bluetoothはv5.3に準拠しており、のちのアップデートでBluetooth LE Audioにも対応予定。イヤホン本体の防水性能はIPX7相当。

バッテリー容量は、イヤホン内蔵が61mAh。バッテリーケースは500mAhで先代モデルから28mAhの増加となっている。駆動時間は、イヤホン本体で最大5時間、バッテリーケースとの併用で最大18時間。アクティブノイズキャンセリング機能を無効にすることで、イヤホン単体で最大8時間、バッテリーケースとの併用で最大29時間の駆動が可能だ。

カラーバリエーションはグラファイト、ホワイト、ボラパープルの3色展開。価格は229ドルを予定している。グローバルでの発売は8月26日を予定しており、米国など先行市場では本日から予約受付が開始されている。日本での展開については現時点では不明だ。

(画像:Samsung)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Galaxyは、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。