Galaxy S21 / S21+ / S21 Ultra、ドコモ・auから発売決定。本日より予約開始

4月8日、サムスン電子ジャパンは 「Galaxy S21 Series 5G オンライン記者発表会」 を開催。同発表会で最新スマートフォン 「Galaxy S21」 「Galaxy S21+」 「Galaxy S21 Ultra」 を国内で発売することを発表した。

NTTドコモからは 「Galaxy S21 5G (SC-51B)」 と 「Galaxy S21 Ultra 5G (SC-52B)」 、auからは 「Galaxy S21 5G」 と 「Galaxy S21+ 5G」 が販売される。発売はいずれも2021年4月22日(木曜)となっていて、本日2021年4月8日(木)10時から各キャリアで予約受付を開始する。

▶︎ 各キャリアで 「Galaxy S21」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

ドコモでの販売価格は 「Galaxy S21 5G」 が99,792円、「Galaxy S21 Ultra 5G」 が151,272円。スマホおかえしプログラムを利用することで、実質66,528円、100,848円で購入可能だ (いずれも税込)。

auでの販売価格は 「Galaxy S21 5G」 が118,540円、「Galaxy S21 Ultra 5G」 が138,730円。かえトクプログラムを利用することで、実質66,700円、79,810円で購入可能だ (いずれも税込)。

Galaxy S21/S21+/S21 Ultraが国内発売

今回国内発売が発表された 「Galaxy S21」 「Galaxy S21+」 「Galaxy S21 Ultra」 は、今年1月に開催されたSamsungの新製品発表イベント 「Galaxy Unpacked」 で発表された新型フラッグシップスマートフォン。

昨年発売した 「Galaxy S20」 シリーズの後継モデルとなっていて、3モデルで画面サイズやカメラ性能、カラーラインナップに違いが設けられているほか、最上位モデルの 「Galaxy S21 Ultra」 のみスタイラスペンである 「Sペン」 に対応する。

端末デザイン

本体のデザインは、2020年に発売した 「Galaxy S20」 シリーズから変化があった。

まずは本体側面。これまで採用されてきたエッジスクリーンは最上位モデルのGalaxy S21 Ultraのみの採用となり、Galaxy S21とGalaxy S21+の2モデルはエッジのないフラットな側面になった。

そしてもっとも大きな変化となったのは、カメラが側面と一体化したようなデザインになり、金属の素材が使用されたメタリックデザインに変更されたこと。これまでのデザインではカメラの出っ張りが気になる方もいたことから、今回の変化で出っ張りによる違和感は少し軽減されるものと思われる。

ディスプレイ

「Galaxy S21」 シリーズには、最大リフレッシュレート120Hzに対応したダイナミックAMOLED 2Xディスプレイが搭載されているが、バッテリー持ちなどを考慮し、コンテンツに応じて最適なリフレッシュレートを48Hz〜120Hzの範囲で自動調節する。

ただしGalaxy S21 Ultraだけは10Hz〜120Hzのダイナミックリフレッシュレートを採用している。最大輝度は1,500ニトで明るく、先代のGalaxy S20シリーズよりも綺麗に見えるという。コントラスト比は3,000,000:1。

画面サイズは、下位モデルから順に6.2インチ・6.7インチ・6.8インチと大きくなる。いずれのモデルも画面左上 (Galaxy S21 Ultraは上部) に小さな穴(パンチホール)が設けられており、ここに内向きカメラが搭載されている。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
画面サイズ 6.2インチ 6.7インチ 6.8インチ
解像度 FHD+
(2400×1080, 421ppi)
FHD+
(2400×1080, 394ppi)
QHD+
(3200×1440, 515ppi)
リフレッシュレート 最大120Hz (48~120Hz) 最大120Hz (10~120Hz)
エッジデザイン フラット エッジ
画面仕様 ・Dynamic AMOLED 2X
・Infinity-O Display
・HDR10+対応
・Corning Gorilla Glass Victus

画面のカバーガラスはGorilla Glass Victusが採用。落下による画面割れやキズに強くなった。

また、「Galaxy S21」 シリーズには、画面内蔵型の超音波式指紋認証センサーが生体認証として搭載されている。指を画面の上に置くことで、指紋を認証できる仕組みだ。

内蔵プロセッサ

「Galaxy S21」 シリーズに搭載されるプロセッサは、3モデルとも最新のハイエンドプロセッサ 「Snapdragon 888」 が搭載されている。

5nmプロセスを採用した同チップによって、処理性能は先代モデルから20%以上の向上となっている。また、GPU性能も35%高速化されたほか、AIの処理も2枚程度に高速化されている。

ちなみに、「Galaxy S21」 シリーズはいずれも5Gに対応する。

▶︎ 各キャリアで最新の 「Galaxy」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

カメラ性能

「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」 には、3眼もしくは4眼の背面カメラが搭載される。Galaxy S21/S21+が3眼、最上位モデルのGalaxy S21 Ultraが4眼仕様だ。

Galaxy S21/S21+は1200万画素の広角(OIS対応)、1200万画素の超広角、6400万画素の望遠で構成される。

Galaxy S21 Ultraは1億800万画素の広角(OIS対応)と、1200万画素の超広角、そして1000万画素の望遠x2で構成される。2つの望遠カメラは片方が光学3倍ズーム、もう片方は光学10倍ズームが可能だ。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
背面カメラ

3眼カメラ
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)

スペースズーム:最大30倍

3眼カメラ
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:12MP, F1.8(79˚)
望遠:64MP, F2.0(76˚)

スペースズーム:最大30倍

4眼カメラ
超広角:12MP, F2.2(120˚)
広角:108MP, F1.8(83˚)
望遠1:10MP, F2.4(35˚)
望遠2:10MP, F4.9(10˚)

スペースズーム:最大100倍

前面カメラ 10MP, F2.2(80˚) 40MP, F2.2(80˚)

これらのカメラによって、「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」 はより高いレベルの写真が撮影できるように。Samsungによれば、「あらゆるスキルレベルのユーザーに向けた壮大なプログレードカメラ」 であるとのこと。最上位モデルに関してはもはやアートのレベルに達しており、スマートフォンとは思えない高いクオリティの写真の撮影が可能なようだ。

特にカメラにおいては、AIによるノイズの低減でより鮮明な写真に仕上げることができるほか、ポートレート撮影ではデジタル一眼レフのような自然なボケ感も丁寧に表現できるようになったことで、より印象的なポートレートが撮影できるように。

さらに最大30倍のズーム機能も利用できるが、こちらもAI機能の改良によって手振れの少ない、より綺麗な写真の撮影が可能になっているという。

加えて、「Galaxy S21 Ultra」 は12bit HDRによるRAW撮影にも対応する。さらに2つの望遠レンズを使用することで100倍のSpace Zoomを利用することも可能だ。レーザーAFにも対応しているため、夜間のように暗い場所でも正確なオートフォーカスが利用できる。

ちなみに動画撮影においては、搭載された最新チップによって動画のハイライト部分のAI切り出しが可能になっているほか、前後のカメラで同時に動画を撮影し、メインの被写体を写しながら撮影者のリアクションも一緒に撮影できる新機能が実装されている。

内向きカメラはシングル仕様。「Galaxy S21」 「Galaxy S21+」 が1000万画素。「Galaxy S21 Ultra」 が4000万画素となっている。

最上位モデルのみSペンに対応

「Galaxy S21」 シリーズのうち、最上位モデルとなる 「Galaxy S21 Ultra」 ではスタイラスペン 「Sペン」 が利用できるようになった。これまではGalaxy Noteシリーズの特権だったが、ついにSシリーズでも利用できるように。

ただし、Galaxy NoteシリーズのようにSペンが標準で付属するわけではなく、あくまでオプションで購入するスタイルとなっているため、Galaxy S21 Ultra本体にはSペンを収納する部分は設けられていない。一緒に持ち歩くには専用ケースなどに収納して持ち歩く必要がある。

Sペンがあれば手で文字を書いたり、絵を描いたりすることが可能だ。また、Galaxy Tab 7のペンと互換性があることも案内されている。

▶︎ 各キャリアで最新の 「Galaxy」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

バッテリー容量・防水等級

「Galaxy S21」 シリーズ のバッテリー容量は、「Galaxy S21」 が4,000mAh。「Galaxy S21+」 が4,800mAh。「Galaxy S21 Ultra」 が5,000mAhとなっている。S21+のみ先代モデルから300mAh増加となっており、そのほかのモデルに関しては容量据え置きとなっている。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
バッテリー容量 4000mAh 4800mAh 5000mAh

充電は底面のUSB Type-C端子で急速充電が利用できるほか、ワイヤレス充電にも対応しており、スマートに充電することが可能だ。有線充電は最大25W、ワイヤレス充電は15Wに対応。

「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」 の防水性能はIPX8と完全防水レベル。防塵性能についてはIP6Xとこちらもタフネス仕様だ。

ストレージ容量・メモリ容量

「Galaxy S21」 シリーズのストレージ容量は、いずれも256GBとなっている。microSDカードは非対応だ。

メモリ容量(RAM)は、「Galaxy S21」 と 「Galaxy S21+」 が8GB、「Galaxy S21 Ultra」 は12GBとなっている。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
RAM+ROM 8GB+256GB 8GB+256GB 12GB+256GB

▶︎ 各キャリアで最新の 「Galaxy」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

カラーラインナップ・取扱キャリア

「Galaxy S21/S21+/S21 Ultra」 の各モデルのカラーラインナップ・取扱キャリアは以下のとおり。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
カラー ・ファントムバイオレット
・ファントムグレー
・ファントムホワイト

・ファントムブラック
・ファントムシルバー

・ファントムブラック
・ファントムシルバー

取扱キャリア ・ドコモ
・au
・au ・ドコモ

「Galaxy S21」 はファントムバイオレット・ファントムグレー・ファントムホワイトの3色展開。「Galaxy S21+」 と 「Galaxy S21+ Ultra」 はファントムブラック・ファントムシルバーの2色展開となっている。

取扱キャリアは 「Galaxy S21」 がドコモとau、「Galaxy S21+」 がauのみ、「Galaxy S21 Ultra」 がドコモのみとなっている。

価格

ドコモでの販売価格は 「Galaxy S21 5G」 が99,792円、「Galaxy S21 Ultra 5G」 が151,272円。スマホおかえしプログラムを利用することで、実質66,528円、100,848円で購入可能だ (いずれも税込)。

auでの販売価格は 「Galaxy S21 5G」 が118,540円、「Galaxy S21 Ultra 5G」 が138,730円。かえトクプログラムを利用することで、実質66,700円、79,810円で購入可能だ (いずれも税込)。

  Galaxy S21 Galaxy S21+ Galaxy S21 Ultra
価格 (ドコモ) 99,792円 (スマホおかえしプログラム適用時:66,528円) 151,272円 (スマホおかえしプログラム適用時:100,848円)
価格 (au) 118,540円 (かえトクプログラム適用時:66,700円) 138,730円 (かえトクプログラム適用時:79,810円)

キャンペーンについて

各モデルを事前予約のうえ、購入したユーザーにはワイヤレスイヤホンをプレゼントするキャンペーンが行われる。

「Galaxy S21 5G 」 を購入したユーザーには 「Galaxy Buds+」 が、「Galaxy S21+ 5G」 をauで購入したユーザーと、「Galaxy S21 Ultra 5G」 をドコモで予約したユーザーには 「Galaxy Buds Pro」 が提供される。

上記キャンペーンの適用には、2021年4月8日~2021年4月21日で予約し、2021年4月22日~2021年5月9日で購入し、キャンペーン専用ウェブサイトから応募完了することが必要。プレゼントは2021年4月下旬以降に送られるとのことだ。

▶︎ 各キャリアで 「Galaxy S21」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。