【比較動画】Galaxy S7とGalaxy S6のカメラ性能差は圧倒的な違いがあることが判明!

galaxys7camera

本日Samsungは、フラッグシップモデルの新モデル「Galaxy S7 / S7 edge」を発表した。数々の変更点や進化が施されている同端末だが、大きく進化した箇所の一つに「カメラ性能の向上」が挙げられる。

特に同端末に搭載された「デュアルピクセル」イメージセンサーのおかげで、「Galaxy S7 / S7 edge」は今までの端末よりもカメラ性能が大きく引き上げられているという。具体的にどれほど凄いのか、Samsungが比較動画を公開しているので、紹介させて頂く!

AFが超スピード、明るさも増してデジタル一眼により近く

「Galaxy S7 / S7 edge」が搭載しているカメラは従来のスマホのものよりも遥かに上をゆく性能になっているようだ。それは「デュアルピクセル」イメージセンサーの搭載と「f1.7レンズ」の搭載によって実現されている。

まずは「デュアルピクセル」イメージセンサーだが、これはカメラのAF(オートフォーカス)のスピードを劇的に進化させている。

「デュアルピクセル」イメージセンサーは、デジタル一眼レフカメラの一部に採用されているほどの高性能AF機能を利用できるようにするもので、原理が難しいため詳しい説明は割愛させていただくが、結果的に被写体のピント合わせがかなり早くなっている。

同センサーを搭載した新モデルとそうでない旧モデル「Galaxy S6」との違いを比較した動画が公開されているので、実際に見ていただきたい。

ね?すごいでしょ?

ユーザーはカメラを構えても、ピントが合うまでの時間を待つ必要がない。これはスマホで写真を撮る人を確実に楽にするはずだ。

次に「f1.7レンズ」の搭載だが、こちらも説明をすると少し難解な説明になってしまうため実際にどう変わったのかを今すぐ見たい人は、この下の動画を見て欲しい。

「Galaxy S7 / S7 edge」のカメラは、従来のものよりも露出を高めるレンズを搭載し、ピクセルサイズを56%大きくしたことで、従来よりも95%明るい写真を撮ることができるようになった。このおかげで、今まで暗い場所で撮影するのが苦手だったスマホカメラも暗所での撮影ができるようになり、夜間でも綺麗に被写体を撮影することができるようになっている。

上の動画は「デュアルピクセル」イメージセンサーの比較と動画同様、旧モデルの「Galaxy S6」と比較したものでその性能差は一目瞭然。両者にはかなり大きな違いがあり、カメラ性能を気にするスマホユーザーは今すぐにでも買い換えてもいいレベルだと僕は思う。

僕自身、正直これほどの進化は想像しておらず、カメラ性能だけで買いたくなるほどだ。Appleの「iPhone」のカメラも決して悪い性能ではないが、これらの比較動画を見るとかなりの性能差があるようにも思えてしまう。

[ via Samsung ]

galaxys7camera
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう