「Galaxy Z Flip3 5G」 10月上旬以降に国内発売。本日よりドコモ・auで予約開始

9月8日、Galaxy Mobile Japan (Samsung) は新製品 「Galaxy Z Flip3 5G」 を10月上旬以降に国内発売すると発表した。

販売キャリアはNTTドコモとauの2社、予約受付は本日9月8日から開始する。

また、発売日から10月18日(月)の期間中に 「Galaxy Z Flip3 5G」 を購入し、同月25日までに応募した方全員に、「Galaxy Buds Pro (Phantom White)」 「microSDカードリーダー」 をプレゼントするキャンペーンを実施する。

▶︎ 各キャリアで 「Galaxy Z Flip3 5G」 を購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

「Galaxy Z Flip3 5G」 ドコモとauで10月上旬以降に発売。おサイフケータイにも対応

「Galaxy Z Flip3 5G」 は、折り曲げられるAMOLEDの特徴を活かし、画面を2つに折りたたんでコンパクトに持ち歩けるスマートフォン (=フォルダブルフォン)。同時に発表された 「Galaxy Z Fold3 5G」 が横折り式だったのに対し、「Galaxy Z Flip3 5G」 は縦折り式となっている。

「Galaxy Z Flip3」 は昨年発売した縦折り式スマートフォン 「Galaxy Z Flip」 の後継モデルにあたる。先代モデルからの変更点は背面のカバーディスプレイが大きくなったことや、本体の小型化や防水化など。

特に注目したいのはカバーディスプレイ。先代モデルは通知が確認できるほどの小さな画面が搭載されているだけだったのに対し、「Galaxy Z Flip3」 は1.9インチの大きな画面が搭載。これにより、メールの表示やセルフィー撮影時のプレビューも可能に。

本体を開いたときのメインディスプレイは、6.7インチのFHD+ Dynamic AMOLED 2X Display(22:9) Infinity Flex Display (2640 x 1080/425ppi)。リフレッシュレートは最大120Hzで、画面輝度は最大1200ニト。

本体を閉じたときのカバーディスプレイは1.9インチのSuper AMOLED Display (260 x 512/302ppi)。画面輝度は935ニト。

本体サイズは、本体を開いたときで72.2 x 166.0 x 6.9mm、折り畳んだときは72.2 x 86.4 x 17.1mm。本体重量は184g。

内蔵SoCはSnapdragon 888。RAM容量は8GBで、ストレージは128GB。

リアカメラは、1,200万画素(f/2.2、視野角123˚) の超広角レンズと、光学手ぶれ補正に対応した1,200万画素(f/1.8、視野角78˚)の広角レンズのデュアル仕様。

フロントカメラは、1,000万画素(f/2.4、視野角80˚)のシングル仕様。ちなみに 「Galaxy Z Fold3 5G」 のようなアンダースクリーンカメラにはなっていない。

ネットワークはサブ6GHz帯とミリ波帯の両方の5Gネットワークをサポート。SIMは、eSIMとNano SIMカードスロットをそれぞれ1基ずつ搭載する。

生体認証は顔認証と指紋認証で行う。バッテリー容量は3,300mAhで、最大15Wの急速充電と、10Wの高速ワイヤレス充電、4.5Wのリバースワイヤレス充電に対応する。また、国内販売モデルはおサイフケータイにも対応する。

カラーラインナップはクリーム、ファントムブラックの2色。

「Galaxy Z Flip3 5G」 の価格はドコモが148,896円、36回払いで月額4,136円で購入可能。※価格は税込

また、発売日から10月18日(月)の期間中に 「Galaxy Z Flip3 5G」 を購入し、同月25日までに応募した方全員に、「Galaxy Buds Pro (Phantom White)」 「microSDカードリーダー」 をプレゼントするキャンペーンを実施する。キャンペーンへの応募は、購入後に専用フォームからの申し込みが必要だ。

発売は9月21日で、本日から予約受付が開始されている。各キャリアのオンラインストアでの予約は以下から。

▶︎ 各キャリアで 「Galaxy Z Flip3 5G」 を購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

関連記事
【比較】「Galaxy Z Fold3」 「Galaxy Z Flip3」 の違いを比較。スペック、発売日、価格など詳細まとめ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。