ゲーム開発者会議 「GDC 2020」 が2020年夏後半に延期。新型コロナウイルスの影響で

「GDC 2020」 が2020年夏後半に延期されることが決まった。現地時間2月28日、Informaはゲーム開発者会議 「GDC 2020 (Game Developers Conference 2020)」 の開催を延期することを正式発表した。

「GDC」 は世界中のゲーム開発者が集う毎年恒例の大規模イベント。今年は3月16日〜20日に米サンフランシスコで開催される予定だったが、新型コロナウイルス (COVID-19) の世界的流行のため、延期を余儀なくされた。

「GDC 2020」 が2020年夏後半に延期

「GDC 2020」 の運営者であるInformaは28日、「ゲーム開発業界のパートナーや世界中のコミュニティと緊密に協議した結果、今年3月にゲーム開発者会議を延期するという難しい決断を下した」 とし、「1年間にわたって準備してきたにも関わらずこのような結果になってしまうことについて残念」 とコメントしている。

ただし、多くのイベントが中止を宣言している中、「GDC 2020」 は開催延期となるとのこと。開催は2020年夏後半を予定しており、今後数週間以内に開催計画について詳細を共有するとアナウンスしている。

ちなみに、「GDC 2020」 については多数のゲームメーカーがすでに参加取りやめを発表していた。

そのうちのひとつである米Microsoftも、現地時間2月27日に同イベントへの参加中止を発表。イベントの参加を止める代わりに、独自にオンライン発表イベントを開催し、クラウドゲームや同社の新しいハードウェア(Xbox Series X)、各種タイトルに関する発表を行うとしていた。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。