『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」 に新モード 「群雄」 9月3日(金)に登場。「Legends/冥人奇譚」 単体版も同日発売

8月5日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、オープンワールド時代劇アクションアドベンチャー『Ghost of Tsushima』のオンライン協力プレイモード 「Legends/冥人奇譚」 に、完全新規モード 「群雄」 を追加すると発表した。「群雄」 は9月3日(金)に配信予定。

『Ghost of Tsushima』のオンラインマルチモード 「Legends/冥人奇譚」 9月3日にアップデート配信へ

「群雄」 は、2人組2チームに分かれて、敵のウェーブをクリアしていく対戦モード。敵を倒すと手に入る 「勾玉」 を集めながら、対戦相手のチームを妨害することもできる。

たとえば、対戦相手のお助けアイテム購入を阻止する「御霊守」を召喚したり、「呪い」 (体力が減少する、敵の死体が爆発するなど) や 「火槍」 の使用などに消費したり。一定数の勾玉を消費すると、最後のウェーブが解放され、対戦相手よりも早くこのウェーブをクリアすると勝利となる。

「群雄」 と同じタイミングで 「武具の達人」 システムが追加される。これは 「Legends/冥人奇譚」 専用の新たなやりこみ要素になっていて、気レベル110の武具を手に入れたプレイヤーが 「達人の試練」 に挑むことができるとのこと。

この試練を克服すると、武具の気レベルは最大120にアップグレードされ、さらに二つめの技能スロットを獲得できるように。また、「達人の試練」 が解放されると、役目ごとに特技もアンロックされる。

これらのコンテンツは『Ghost of Tsushima』を所有するすべてのプレイヤーが追加料金なしで楽しめるが、『Ghost of Tsushima』を所有していないプレイヤー向けに、オンラインマルチプレイモードのみを単独で遊べる『Ghost of Tsushima: Legends/冥人奇譚』をPS5とPS4向けに2,200円で販売することも同時に発表されている。

本作はシングルプレイモードでのみアンロックできる一部の装具を除き、これまで配信されたすべての「Legends/冥人奇譚」コンテンツにアクセスが可能。『Ghost of Tsushima: Legends/冥人奇譚』を購入した後に、『Ghost of Tsushima』本編をプレイしてみたくなったという場合は、PS4版は5,390円(税込)、PS5版は6,490円(税込)の追加料金で『Ghost of Tsushima Director’s Cut』にアップグレードすることもできる。

また、8月20日(金)には『Ghost of Tsushima Director’s Cut』が発売予定だが、同作のリリースにあわせて 「Legends/冥人奇譚」 に新たな機能を追加するアップデートの配信を予定している。

サバイバルミッション 「九死」 のプレイ時間を短縮する調整のほか、週替わりの百鬼チャレンジにバリエーションを加えた。さらに、『Ghost of Tsushima』本編や 「二周目」 で入手したアイテムを 「Legends/冥人奇譚」 でも使用できるように追加装具を解放したという。

さらに、9月10日(金)から10月1日(金)には毎週 「Legends/冥人奇譚」 の新たな追加コンテンツを継続配信していくとのこと。追加コンテンツの内容は、「群雄」モードの新マップ、壱岐の島や壱与の国からインスピレーションを受けた「九死」の新マップ、壱与の難行や、更に高難易度のレイドミッション「大禍」を手軽な長さで楽しめるモード、新たなオンラインリーダーボードなどとなっている。

©2021 Sony Interactive Entertainment LLC. Ghost of Tsushima is a registered trademark or trademark of Sony Interactive Entertainment LLC.
Developed by Sucker Punch Productions LLC. The Sucker Punch Logo is a registered trademark or trademark of Sucker Punch Productions LLC.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。