「Gmail」 アプリのUIが刷新へ 今後数週間以内に提供予定、Web版と同じマテリアルデザインに

1月30日、Google同社のメールアプリ 「Gmail」 のデザインを刷新することを発表した。新デザインは、iOS/Androidともに今後数週間以内に提供される予定だ。

Gmailアプリが新デザインに

今回のアップデートによりアプリ版は、昨年大規模アップデートが行われたWeb版と同じく、マテリアルテーマと呼ばれるシンプルで使いやすいデザインが採用されることになる。

デザイン刷新に伴い、メールを開かずに添付ファイルを直接開く機能など、現時点ではWeb版のみに提供されている機能の一部が利用できるようになる予定。また、アカウントの切り替えがより簡単になるほか、不審なメールに赤色の警告を表示して注意を促すといった便利機能も追加されるとのこと。

ちなみに、Gmailは昨年4月にWeb版の大規模アップデートが行われており、アプリ版に先立ちデザインが一新。閲覧期限付きメールや新着メールのスヌーズなど、多数の便利な新機能が追加されている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。