Google、「検索結果」の広告枠の一部を撤廃へ モバイルページにより近い仕様に

google-chrome-download-offline-installer

デスクトップ版Googleの「検索結果」の表示画面は、おそらく世界でも一番ユーザーが閲覧するページでブロガーやメディアからすると非常に重要な画面と言えるが、このページの仕様が若干変わるとのことだ。

検索結果の右側の広告枠が全廃へ

The SEM Postは、Googleの「検索結果」画面の右側にある広告枠が全部撤廃され、今よりもスッキリとした画面になると伝えている。

現在Googleは、ユーザーがキーワードを検索すると検索結果を表示するが、その右側には広告枠を表示するサイドバーを設置している。今までサイドバーの広告は当たり前のように表示されていたのだが、2月20日時点ですでに一部広告枠が表示されなくなっているとのことだ。

google-adsidebar

全世界で適用を始めている関係でブラウザや国、検索結果によっては未だに広告枠が出現するようだが、今後は右側のサイドバー広告は廃止し、検索結果の前後3枠ずつ(合計6枠)のみに広告を設置すると発表されている。

ただし、特別需要の高い検索結果(例えば「転職」「保険」「キャッシング」「旅行」)に関してはこの限りではなく、上下3つの広告枠に追加で1枠あてがわれ、合計4つになることもあるとのこと。

google-ad

また、既にサイドバー広告は全廃されるのは決定されているが、画像付きの商品広告「PLA:Product Listing Ads(商品リスト広告)」は今後も表示されるとのことで、例えば「Apple Watch」など複数商品がある製品に関しては今までのように表示される傾向にあるようだ。

今回、なぜGoogleがサイドバー広告を廃止し、全体的にスッキリとした印象にするのかというと、それは検索結果の画面を「モバイルファースト」にする狙いがあるという。

スマホが普及した現代は、どちらかというとPCからの閲覧よりもモバイルを利用することが多く、それだけ検索画面もモバイルでの利用が多い。それだけにPC版もモバイル向け表示に近づけ、ユーザーエクスペリエンスをより近づけることが目的なのだ。

日本でも既にサイドバー広告は廃止されているとのことだが、一部ではまだ表示されている。最終的には2月22日までに撤廃されることになっているので、Googleを利用する人は少し頭に入れておくといいだろう。

[ via The Verge ]

google-chrome-download-offline-installer
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう