Pixel 4/4 XLが正式発表 機能・スペック・発売日・価格まとめ

10月15日、Googleは新製品発表イベント 「Made by Google 2019」 を開催。期待の新型スマートフォン 「Pixel 4/4 XL」 を発表した。

Pixel 4/4 XLは、シリーズ初となるデュアルレンズカメラが搭載。さらに生体認証が指紋認証から顔認証に変更になったほか、画面の前に手をかざすことで遠隔で操作ができる 「モーションセンス」 機能など新機能が多数実装されている。

▶︎ Pixel 4/4 XLを各ストアでチェック
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

本体デザイン・画面

まずは画面について。Pixel 4/4 XLには昨年とおなじく有機ELディスプレイが搭載された。画面サイズはPixel 4が5.7インチ、Pixel 4 XLが6.3インチ。Pixel 4は先代のPixel 3からわずかに画面サイズが大きくなっている (5.5インチ→5.7インチ)。

Pixel 4 XLについては、先代のPixel 3 XLに存在したノッチ (前面カメラの切り欠き) が廃止されており、Pixel 4と同じようなデザインが採用されるように。ただし、画面サイズはPixel 3 XLとおなじ6.3インチのままだ。

ちなみにPixel 4/4 XLの画面のリフレッシュレートは90Hzに。先代モデルに比べてより滑らかな描写が可能になったため、ゲームや動画の視聴の際により滑らかな映像を楽しむことができるはずだ。

モーションセンス・顔認証

Pixel 4には新たに 「Soliレーダー」 が搭載されるようになった。これはユーザーの動きを検知できるセンサーで、Pixel 4の前で特定のジェスチャーをすることで画面に触れずに操作できる 「モーションセンス」 が利用できる。食事や掃除などで手が汚れているときにスマートフォンに触ることなく操作できるため便利だ。

「モーションセンス」 は利用できる国が限定されるとのことで、日本では発売当初は使えないものの、Googleからは “まもなく” 使えるようになる旨が案内されている。

追記:日本では “2020年春” に 「モーションセンス」 が利用可能になることが公式サイトの記載から判明した。

また、この 「Soliレーダー」 は顔認証機能とも連動している。先代のPixel 3の生体認証は指紋認証だったが、Pixel 4は顔認証機能 「Face unlock」 に置き換えられた。以前よりもスムーズに画面のロック解除が可能になるだろう。

シリーズ初搭載のデュアルレンズカメラ

生体認証が指紋認証から顔認証に変更になったことで、これまで背面に配置されてきた指紋センサーがなくなり、従来よりスッキリとしたデザインになったPixel 4だが、その代わりに目を引く存在となったのがシリーズ初搭載のデュアルレンズカメラだ。

Pixel 4とPixel 4 XLには、従来から搭載されている広角レンズに加えて新たに望遠レンズが搭載。広角レンズは1220万画素(f/1.7)で、望遠レンズは1600万画素(f/2.4)、望遠レンズは光学2倍ズームに対応する。

ズームレンズが搭載されたことで、解像度を下げずに遠くの被写体をキレイに撮影できる 「Super Rez Zoom」 機能が利用できるようになったほか、ポートレートモードもより自然で奥行きが感じられるようになった。

  広角レンズ 望遠レンズ
背面カメラ
(デュアルレンズ)
・1220万画素
・ピクセル幅 1.4 μm
・デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
・光学式および電子式手ぶれ補正機能
・絞り値 ƒ/1.7
・視野 77°
・1600万画素
・ピクセル幅 1.0 μm
・位相差検出式オートフォーカス
・光学式および電子式手ぶれ補正機能
・スペクトル センサーおよびフリッカー センサー
・絞り値 ƒ/2.4
・視野 52°

明るくキレイな夜景を撮影できる 「Night Sight」 モードも引き続き利用できるが、従来よりもパワーアップしたのは星空を撮影できるというもの。三脚を利用して15秒間露光の写真を16回撮影、それを合成することで1枚の美しい星空を写真を作り出すことができる。

従来の 「HDR+」 は 「Live HDR+」 に進化。撮影時に写真がどのような仕上がりになるのかをディスプレイにリアルタイムで表示するため、思い通りの写真を撮影しやすくなった。さらに明るい部分と暗い部分の明るさを微調整し、夕暮れ時など撮影の難しいシーンを綺麗に仕上げてくれる新機能も追加された。

前面カメラは800万画素(f/2.0)の広角レンズのみのシングルレンズ構成。前モデルのPixel 3シリーズからはレンズが1つ少なくなった。

  仕様
前面カメラ ・800万画素
・ピクセル幅 1.22 μm
・絞り値 ƒ/2.0
・固定フォーカス
・視野 90°

ビデオ撮影は、背面カメラは4K/30fpsもしくは1080p/120fpsが最大。フロントカメラは1080p/30fpsが最大だ。

  背面カメラ フロントカメラ
動画撮影 ・1080p (30/60/120fps)
・720p (240fps)
・4K (30fps)
・1080p (30fps)

文字起こしが可能な 「ボイスメモ」 アプリが搭載

会場でも驚きの声があがったのが、書き起こし機能を備えた 「ボイスメモ」 アプリ。

Pixel 4に搭載される純正アプリだが、人の声を聞かせることで話している言葉を自動的に文字に起こしてくれるという便利機能が搭載されるとのこと。さらに文字に起こしたテキストは音声で検索が可能だ。これはとても便利だが、残念ながら日本では利用できない模様。現時点では米国のみで利用できるとアナウンスされている。

「Hey, Google」 なしで連続指示が可能な次世代Googleアシスタントが搭載

Google I/O 2019でのデモの様子

「Pixel 4/4 XL」 には、5月のGoogle I/O 2019でアナウンスされていたとおり、次世代のGoogleアシスタントが搭載されている。

処理速度が10倍高速化して反応が早くなっただけでなく、「Hey, Google」 を最初の呼び出し時に言うだけで、その後はウェイクワードなしで連続で指示することができる。

プロセッサ・メモリ容量・ストレージ容量など

Pixel 4に搭載されたSoCはQualcommのオクタコアプロセッサ 「Snapdragon855 (2.84GHz+1.78GHz)」 、GPUにはAdreno 640が採用されている。

搭載メモリは6GB。ストレージ容量は64GB/128GBの2種類が用意されている。さらにTitan Mがセキュリティチップとして搭載されており、ユーザーの個人情報を守る仕組みが採用されている。

  Pixel 4/4 XL
プロセッサ Snapdragon 855
2.84GHz+1.78GHz, 64bit オクタコア
Adreno 640
Pixel Neural Core
Titan M セキュリティ モジュール
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB / 128GB

バッテリー容量はPixel 4が2,800mAhで、Pixel 4 XLが3,700mAh。ちなみに、Pixel 4にはUSB Type-Cコネクタ (USB Type-C 3.1 Gen 1) が搭載されており、最大18Wの急速充電に対応する。もちろんワイヤレス充電もサポートしており、Qi対応のワイヤレス充電器の上に置くことでケーブルレスで充電することが可能だ。

  Pixel 4 Pixel 4 XL
バッテリー容量 2,800mAh 3,700mAh
ポート USB Type-C 3.1 Gen 1
ワイヤレス充電 対応

カラー・発売日・予約開始日

カラーラインナップはジャストブラック・クリアリーホワイト・オーソーオレンジの全3色。

価格はPixel 4が799ドルから、Pixel 4 XLが899ドルから。先代のPixel 3シリーズから据え置きとなった。発売は10月24日で、米国では本日から予約受付が開始されている。日本での発売日や価格についてはアナウンスされていないが、おそらく本日中に明らかになるものと予想される。

追記 (2019/10/16 11:20)
Pixel 4/4 XLの国内発売が発表。発売は10月24日で、本日から予約受付開始です。価格はPixel 4の64GBモデルが89,980円、128GBモデルが103,950円、Pixel 4 XLの64GBモデルが116,600円、128GBモデルが128,700円となっています (いずれも税込) 。

また、Pixel 4/4 XLを購入したユーザーには、Google Oneのクラウドストレージ100GBが3ヶ月無料で利用できることもアナウンスされている。

  Pixel 4 Pixel 4 XL
カラー Just Black
Clearly White
Oh So Orange
価格(税込) 64GB:89,980円
128GB:103,950円
64GB:116,600円
128GB:128,700円
予約開始日 2019年10月16日
発売日 2019年10月24日

関連記事
Pixel 4/4 XLとPixel 3/3 XL 比較 | 仕様・性能など、新型モデルはどれくらい進化した?

Googleの新型ラップトップ 「Pixelbook Go」 が正式発表 649ドルから
新型スマートスピーカー 「Google Nest Mini」 発表 Google Home Miniの後継モデル。壁掛けが可能に

▶︎ Pixel 4/4 XLを各ストアでチェック
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

  Pixel 4 Pixel 4 XL
OS Android 10
ディスプレイ 5.7インチ
FHD+ flexible OLED (444ppi)
Smooth Display (最大90Hz)
19:9
6.3インチ
QHD+ flexible OLED (537ppi)
Smooth Display (最大90Hz)
19:9
背面カメラ デュアルレンズ
広角
・12.2MP
・ピクセル幅 1.4 μm
・デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
・光学式および電子式手ぶれ補正機能
・絞り値 ƒ/1.7
・視野 77°
望遠
・16MP
・ピクセル幅 1.0 μm
・位相差検出式オートフォーカス
・光学式および電子式手ぶれ補正機能
・スペクトル センサーおよびフリッカー センサー
・絞り値 ƒ/2.4
・視野 52°
前面カメラ シングルレンズ
広角

・8MP
・ピクセル幅 1.22 μm
・絞り値 ƒ/2.0
・固定フォーカス
・視野 90°
動画撮影 背面
・1080p (30/60/120fps)
・720p (240fps)
・4K (30fps)
前面
・1080p (30fps)
プロセッサ Snapdragon 855
2.84GHz+1.78GHz, 64bit オクタコア
Adreno 640
Pixel Neural Core
Titan M セキュリティ モジュール
メモリ 6GB
ストレージ容量 64GB / 128GB
スピーカー ステレオ
ヘッドフォンジャック ×
バッテリー容量 2,800mAh 3,700mAh
ワイヤレス充電
通信 Wi-Fi
2.4GHz+5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
2×2 MIMO

Bluetooth 5.0 + LE
NFC
Google Cast
FeliCa

位置情報 GPS9 / GLONASS / BeiDou / Galileo
センサー Active Edge
近接/周囲光センサー
加速度計/ジャイロメーター
磁力計
気圧計
Android センサーハブ
様々なハプティクス
マイク
モーションセンス
ポート USB Type-C 3.1 Gen 1
対応SIM nano SIM × 1
eSIM
AR/VR ARCore
防水・防塵 IP68
サイズ 147.1 × 68.8 × 8.2 mm 160.4 × 75.1 × 8.2 mm
重さ 162g 193g
カラー Just Black
Clearly White
Oh So Orange
価格(税込) 64GB:89,980円
128GB:103,950円
64GB:116,600円
128GB:128,700円
予約開始日 2019年10月16日
発売日 2019年10月24日

▶︎ Pixel 4/4 XLを各ストアでチェック
ドコモオンラインショップ
ソフトバンクオンラインショップ

Android、Android ロゴ、Chromecast、Cloud Search、Gmail、Google、Google ロゴ、Google アシスタント、Google カレンダー、Google Chrome、Google Cloud Platform (GCP) 、Google ドキュメント、Google ドライブ、ビジネス向け Google グループ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google ハングアウト、Google Keep、Google Maps、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、Google+、Google サイト、Google スプレッドシート、Google スライド、Google Workspace、G Suite、Google Vault、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。