Google、完全ワイヤレスイヤホン 「Pixel Buds」 2020年春に発売

10月15日、Googleは新製品発表イベント 「Made by Google 2019」 を開催。噂されていた完全ワイヤレスイヤホン 「Pixel Buds」 を正式発表した。価格は179ドル(約2万円)、2020年春に発売予定だ。

完全ワイヤレスイヤホン 「Pixel Buds」 が発表

「Pixel Buds」 はGoogleが独自で開発した完全ワイヤレスイヤホン。一般的な完全ワイヤレスイヤホンと同じくバッテリーケースとイヤホンで構成されており、バッテリーケースから取り出すことで使用でき、再び収納すればイヤホンが充電される仕組み。バッテリー持続時間は最大5時間、バッテリーケースを併用することで最大24時間持つ設計だという。

イヤホン形状はいわゆるカナル型に近いものになっていて、AirPodsのようなオープン型ではないため、周囲の音をある程度シャットアウトすることが可能だ。また、周囲の音を気にせず音楽が楽しめるよう、周囲の音の大きさによって自動的に音量が変わるシステム 「Adaptive Sound」 が内蔵されているという。

さらにビームフォーミングや顎骨の振動で音声を検知する機能が内蔵されているため風の強い日でもハンズフリー通話を快適にできるほか、Google製品らしく 「Googleアシスタント」 との連携も強化されている。「Hey Google」 というウェイクワードを唱えることで、Googleアシスタントに質問・命令することが可能だ。ちなみにGoogle翻訳にも対応しているため、「Pixel Buds」 があれば言葉の壁を打ち破ることもできるかもしれない。

「Pixel Buds」 はタッチセンサーが搭載されており、イヤホンを一度タップすることで再生・停止、スワイプすることで音量の調節が可能だ。

搭載されているBluetoothは長距離の通信に対応する。3部屋程度であれば離れても通信を維持することができるため、スマートフォンを自宅のどこかに置き忘れてもそのまま音楽を聴き続けることが可能だ。

「Pixel Buds」 は2020年春に発売予定。カラーラインナップはClearlyWhite、Oh So Orange、Quite Mint、Almost Blackの全4色。価格はAirPodsよりも少し安い179ドルで、Appleの強力なライバルとなりそうだ。

関連記事
Pixel 4/4 XLが正式発表 機能・スペック・発売日・価格まとめ
新型スマートスピーカー 「Google Nest Mini」 発表 Google Home Miniの後継モデル。壁掛けが可能に

Android、Android ロゴ、Chromecast、Cloud Search、Gmail、Google、Google ロゴ、Google アシスタント、Google カレンダー、Google Chrome、Google Cloud Platform (GCP) 、Google ドキュメント、Google ドライブ、ビジネス向け Google グループ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google ハングアウト、Google Keep、Google Maps、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、Google+、Google サイト、Google スプレッドシート、Google スライド、Google Workspace、G Suite、Google Vault、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。