Googleが 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 正式発表、今秋に発売。独自チップ 「Tensor」 搭載

8月3日、Googleは次期フラッグシップスマートフォン 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 を正式発表。2021年秋に発売することを明らかにした。

独自カスタムチップ搭載の 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 正式発表

「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 は、Googleが開発するスマートフォン 「Pixel 6」 シリーズの最新モデル。まだ概要しか発表されていないものの、一部の仕様が明らかにされている。

まずは、搭載されるチップについて。「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 には、GoogleがGoogle Pixelのために独自開発したカスタムチップ(SoC)である 「Google Tensor」 を搭載。Googleが得意とするAIと機械学習を活用し、カメラや音声認識、そのほかの多くの機能について、これまでとは違う体験が可能になるという。

また、このGoogle Tensorによって、音声コマンドや翻訳、字幕、ディクテーション機能が大きく進歩することになるとのこと。

本体デザインは 「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 ともに、ほとんど同じ。違いがあるのはボディ素材とリアカメラで、「Pixel 6」 にはマット質なアルミニウム、「Pixel 6 Pro」 には光沢感のあるアルミニウムフレームが使用されるとのこと。

リアカメラは、これまでの正方形のカメラユニットから、端末を横切る黒いバーに内蔵される仕様に大きく変更されている。

「Pixel 6 Pro」 には最大4倍の光学ズームに対応した望遠レンズを含むトリプルレンズカメラが搭載される。「Pixel 6」 には望遠レンズをのぞくデュアルレンズカメラが搭載されるという。望遠レンズ以外の仕様についてはまだ公開されていない。

搭載OSはAndroid 12。同OSではユーザーインターフェースにMaterial Youという新たなデザイン言語が導入される予定。Pixel 6シリーズでは、Material Youが最大限に生かされた最高の体験が待っているという。

カラーラインナップは、「Pixel 6 Pro」 にはゴールド、ホワイト、ブラック系の3色、「Pixel 6」 にはレッド、グリーン、ブラック系の3色が用意されるようだが、いずれのカラーも名称は明らかにされていない。

「Pixel 6」 「Pixel 6 Pro」 は今年秋に発売予定。更なる詳細は今後発表される予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。