Google Homeの通訳機能が利用可能に 日本語にも対応、26カ国語でリアルタイム通訳

今年1月の 「CES 2019」 で発表された 「Google Home」 の通訳機能が利用可能になっていることがわかった。すでに日本語を含む26ヶ国語に対応しており、日本語⇄英語、英語⇄フランス語などのように、話し手の発した言葉を他言語に翻訳してくれる。

Google Homeの通訳機能がリリース、日本語にも対応

同機能は、Google Homeに話した言葉を他言語に翻訳してくれるというもの。例えば、日本語で 「部屋の設定温度を21℃に設定して」 と言うと、Google Homeからは 「Set the room temperature setting to 21°」 と返ってきた。日本語からフランス語も以下の通り。ややぎこちない翻訳内容になるケースもあるが、そこそこ通じる言葉に翻訳されているため、それなりの翻訳精度であると言えるだろう。

通訳モードを開始するには、日本語話者の場合は 「XXX語に通訳して」 と言うだけ。あとは、Google Homeは勝手に聞き取りを開始し、ユーザーの言葉を他言語に変換して発音してくれる。英語話者の場合は 「Be my Japanese interpreter.」 などとお願いすればOKだ。通訳を終了する際には、「終了」 と言うと完了する。

一度このモードを起動すれば、何度も通訳をお願いすることなく連続で聞き取りができる。また、日本語を話すと英語に、英語を話すと日本語に通訳してくれるため、お互いの言葉が分からない場合にGoogle Homeを通じて会話できるようになっている。

利用できる言語は以下の26言語だ。

チェコ語 / デンマーク語 / オランダ語 / 英語 / フィンランド語 / フランス語 / ドイツ語 / ギリシャ語 / ヒンディー語 / ハンガリー語 / インドネシア語 / イタリア語 / 日本語 / 韓国語 / 北京語 / ポーランド語 / ポルトガル語 / ルーマニア語 / ロシア語 / スロバキア語 / スペイン語 / スウェーデン語 / タイ語 / トルコ語 / ウクライナ語 / ベトナム語

同機能が利用できるのは、各Google HomeデバイスとGoogleアシスタントを搭載したスマートスピーカー。今後はスマートフォンのGoogleアシスタントも利用可能になる予定だが、現時点ではまだ利用できない状態となっている。

▶︎ 楽天ブックスで 「Google Home / Google Home Mini」 をチェック

[ via Android Police ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。