Google Glassの新型モデル 「Glass Enterprise Edition 2」 が999ドルで登場

5月21日、GoogleはARグラス 「Google Glass」 の新型モデル 「Glass Enterprise Edition 2」 を発表した。価格は999ドル、エンタープライズ向けに販売が開始される予定だ。

「Glass Enterprise Edition 2」 は、内蔵プロセッサのアップグレードや充電端子のUSB Type-C化。そして、カメラ性能やバッテリー持続時間の改良など、初代モデルの 「Google Glass」 に比べて性能が強化されている。また製品デザインも、より一般的なメガネのようなものに変更されており、装着時の違和感も解消された。

ディスプレイの解像度は前モデルと同じ640×360ではあるものの、内蔵プロセッサはSnapdragon 710からAR/VR用SoCであるSnapdragon XR1に変更。カメラの画素数も500万画素から800万画素に改良されている。

さらに、省電力のプロセッサを内蔵したことによって、バッテリー持続時間は最大8時間に伸びた。充電ポートもUSB Type-Cになり急速充電も可能になり、本体のメモリは3GB、内蔵ストレージは32GBと各容量は増加している。

ちなみに、「Glass Enterprise Edition 2」 のフレームは米Smith Opticsが手がけ、今後も新しいフレームが追加される予定であるとのことだが、Google Glassと同様にエンタープライズ向けに提供される予定で、残念ながら個人のユーザーが購入することはできない代物になる。

Google Glassは開発部署も変更された。これまでは、Googleの親会社AlphabetのX部門で開発が行われていたが、「Glass Enterprise Edition 2」 をもってGoogle直属で開発が行われることになるという。

【関連記事】
米Google、Huaweiとの一部ビジネスを停止へ
次世代Googleアシスタント、処理速度が10倍高速に ウェイクワードを言わず畳み掛ける連続質問も可能 「Pixel 4」は2019年内に発売へ

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。