Google、ChromecastやGoogle HomeによるWi-Fi接続不良を解消するアップデートを配信

先日、ChromecastやGoogle Homeを利用している環境で、デバイスがインターネットに接続できなくなる不具合が一部のWi-Fiルーターで発生していることが判明した。

これを受けて、各ルーターメーカーはファームウェアアップデートを配信するなど対応を行っていたが、Googleから正式な調査レポートが発表。同不具合への対策として、現地時間18日にアップデートを配信する予定であることがアナウンスされている。

不具合の解消のため、アップデートを配信へ

この問題は、ChromecastやGoogle HomeなどのデバイスをAndroid端末端末と組み合わせて使っている場合、接続しているWi-Fiルーターに不調が起こり、同じネットワークに接続しているデバイスが正常に通信できなくなるというもの。

Googleが同問題を調査したところ、同不具合はAndroid端末から送られる大量のネットワークトラフィックが原因であることが判明。この大量の通信により、Wi-Fiのパフォーマンスが低下していたとのことだ。

同不具合の修正のため、Googleは現地時間18日、Google Playサービスのアップデートを配信する予定。不具合に困っていた方は配信が行われ次第、アップデートを適用していただければと思う。

また、Googleは同アップデートが配信されるまでは、Androidの再起動やWi-Fiルーターのファームウェアアップデートを行うようにしてほしいと案内している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。