「Google I/O 2018」は5月8日~10日に開催 昨年と同じくカリフォルニア州マウンテンビューで

2018年5月8日から3日間、Googleは開発者向けカンファレンスイベント「Google I/O 2018」を開催することがわかった。場所は、米国カリフォルニア州のマウンテンビュー。

1月24日、Googleは「Google I/O 2018」に関する情報を、謎解き形式で出題した。昨年も同様のパズルが出題されており、昨年の場合はこのパズルを解くことで、同イベントの開催日時が明らかになっていた。

パズルは以下。「I」と「O」が並べられた画像が公開されており、これらを数字の「1」と「0」に置き換えて、バイナリーで変換すると、「http://google.com/io」というURLが出現。

これにアクセスすると、今度はGoogle Mapのストリートビューに飛び、Google本社内に進む仕組み。そして、本社内には扉が用意されており、奥に進むためには、都市名を入力する必要がある。

都市名は部屋に置かれた「8月5日(ナショナルシスターデー)」と「お寿司の皿」「シスターキャリーの本」の3つのヒントから答えを探す必要があるのだが、これらのヒントの答えは、Google本社があるカリフォルニア州マウンテンビューの姉妹都市である「岩田市(iwata)」。この都市名を入力することで、今度は会議室に進むことができる。

 

会議室にはパイナップルケーキなど複数のアイテムが用意されており、そこで再び謎解き。それぞれのアイテムに用意されている答えを解くと、答えは「01 60 80」。

そのあともクイズが続くが、ここからはそこまで難しくなく、順調にクリアすると、最終的に「Google I/O 2018」の会場に辿り着くようになっている。そこでイベントの開催日時が明かされる仕組みだ。

「Google I/O 2018」は、5月8日から10日までの3日間。カリフォルニア州のマウンテンビューのShoreline Amphitheatreで開催される予定。

昨年の「Google I/0 2017」では、Androidの新OSの他に、Google AssistantやGoogle Photo、Daydreamのスタンドアロンヘッドセットなど多数の発表が行われた。今年も例年通りであれば、次期Android「Android P」が発表されることが予想される。

ちなみに、当サイトでは「Google I/O 2018」の速報記事を公開する予定。同イベントの発表内容に興味がある方は楽しみにしていただけたらと思う。

[ via The Verge ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。