Google I/O 2019、5月7日〜9日に実施へ 開催場所は昨年同様カリフォルニア州マウンテンビュー

1月26日、Googleの開発者向けカンファレンスイベント 「Google I/O 2019」 が5月7日〜9日まで3日間開催されることが判明した。開催場所は米国カリフォルニア州のマウンテンビューにあるShoreline Amphitheatreだ。

Googleは現地時間1月25日に、「Google I/O 2019」 の開催に関するパズルをTwitterで投稿した。投稿された内容は以下の通り。

パズルには11個のヒントが用意されており、それを使ってパズルを解くと答えが出る。その結果、Google I/O 2019の開催日程は2019年5月7日〜9日の3日間、そして開催場所は米カリフォルニア州マウンテンビューにあるShoreline Amphitheatreであることが判明した。

おそらく世界最初にこのパズルを解いたのは、TwitterユーザーのTill Kottmann (@deletescape)さん。彼は、Googleの出題ツイートに対して、わずか20分で正解を投稿した。

ちなみに昨年のGoogle I/O 2018は、5月8日〜5月10日まで開催された。開催地は同じ米カリフォルニア州マウンテンビュー、Shoreline Amphitheatreだった。

果たして今年は何が発表されるのだろう。今の段階で分かっていることは少ないが、例年通りであれば次期Androidの 「Android Q」 やGoogle Homeの新製品に関する発表が予想される。

昨年のGoogle I/O 2018では、主にAIの発表が多かった。Googleアシスタントが自動的に店の予約を取ってくれたりOK Googleを一度言えば、続けて質問ができるContinued Conversationなど、Googleアシスタントに複数の新機能を追加することを発表していた。

また、Android P (Android 9 Pie) のβ版の仕様が紹介されたり、Google Homeにディスプレイを搭載したスマートディスプレイも発表されるなど、多数の発表が行われた。

今後、Googleから改めて開催日程・場所の発表が行われ、開発者向けに参加チケットの抽選がアナウンスされるだろう。また、開催当日はおそらくライブストリーミングが実施され、現地に行かずともイベントの内容を視聴できるものと予想される。詳しくはGoogleの詳細発表を待とう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。