「Google I/O 2020」 の中止が決定。代替イベントを計画中ーー新型コロナウイルスの影響で

現地時間3月3日、Googleは今年5月に開催を予定していた開発者会議 「Google I/O 2020」 を中止することを発表した。 中止は世界的に感染者を増加させているCOVID-19 (新型コロナウイルス) のためで、オンラインイベントなどの代替案を検討しているとのことだ。The Vergeが伝えている。

「Google I/O 2020」 の中止が決定

Googleは毎年5月に開発者会議 「Google I/O」 を開催し、世界から開発者を招待して各種発表会を行なっている。今年も次期Android OSやGoogleの新製品を発表することが予想されていたものの、COVID-19(新型コロナウイルス) の拡大に伴う保健当局からの健康指導を考慮して、中止することを決定したとのこと。

同社は代替フォーマットを用意しているとアナウンスしているが、まだ詳細は明らかにされていない。異例の対応ということもありおそらく準備・調整に時間がかかるものとみられる。

[ img via @ankuma777 ]

すでに参加を希望するデベロッパーに対してチケットの抽選と支払いの受付が行われているが、Googleは支払いを行った当選者に対して返金を行うことを発表している。返金は3月13日までにされるとのこと。ちなみに今年当選したデベロッパーは来年開催される 「Google I/O 2021」 への参加権を得られるとのことだ。

COVID-19 (新型コロナウイルス) の影響で大規模なイベントの開催が中止に追い込まれている。先日もモバイル見本市 「MWC 2020」 が中止されたほか、Facebookの 「F8」 の中止やゲーム開発者会議 「GDC 2020」 の延期が発表されている。Appleはまだ今年のイベントの中止をアナウンスしていないが、おそらくこの様子だと今年6月のWWDCは中止(もしくはオンライン開催)を余儀なくされるのではないだろうか。

関連記事
「Google I/O 2020」 は5月12日〜14日に開催。Googleが正式発表

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。