GoogleマップがCarPlay ダッシュボードに対応 Apple Watchにも専用アプリが復活へ

現地時間10日、Googleは同社の地図サービス 「Google マップ」 が、Appleの 「CarPlay ダッシュボード」 に対応したことを発表した。また、同時にApple Watch向けアプリの復活も宣言した。

「CarPlay ダッシュボード」 とは、iOS 13で追加されたApple CarPlayの拡張機能。CarPlayに対応した車載画面において各アプリを分割表示できるため、ナビをつけた状態で音楽の再生コントロールなどを行うことができる。この機能にGoogleマップが対応したことで、CarPlayユーザーはさらに便利にGoogleマップを利用できるようになるだろう。

さらにGoogleは、Google MapのApple Watch向け専用アプリの提供を再開することを発表した。同アプリは2017年に一度サービスが終了していたが、その後復活する予定であることが明らかにされていた。復活は約3年ぶり。このアプリは今後数週間で提供が開始される予定となっている。

関連記事
Google、「Pixel 4a」 正式発表。税込4万2900円で今月14日に予約受付開始 価格・発売日まとめ
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。