Googleのビデオ会議システム 「Google Meet」 が無償提供。最大100人まで参加可能

4月29日、Googleはビデオ会議システム 「Google Meet」 を一般ユーザー向けに無償で提供することを発表した。無償提供は5月初旬から順次開始される予定で、Googleアカウントさえあれば誰でも利用することが可能になるという。

「Google Meet」 が一般ユーザー向けに無償提供へ

「Google Meet」 はGoogleがエンタープライズ(法人や教育機関)向けに提供しているビデオ会議システム。G Suiteユーザーには期間限定で無償提供されていたが、その対象範囲が一般ユーザーにも及んだ形。

無償提供は1回の会議ごとに60分までで、最大100人まで参加することが可能だが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響で在宅ワークや遠隔会議の機会が増えていることから、その支援として9月30日までは60分の制限は実施されない。

ビデオ会議通話システムといえばZoomが有名だが、その無料プランに比べてGoogle Meetは参加人数は同じ100名で、時間は20分長い仕様。ビデオ会議通話システムについてはZoomのほかにもFacebookなども提供を予定しているため、今回の無償提供は他社サービスに対抗する狙いもあるとみられる。

ちなみにGoogle Meetでは会議への参加の承認や拒否、または必要に応じて参加者のミュートや削除ができる機能など、強力な制御機能を会議主催者に提供するほか、個人向けのアカウントで作成された会議には、匿名ユーザー(Google アカウントを持たないユーザーなど)は参加できない仕様になっているなどセキュリティにしっかり配慮されていることをGoogleはアピールしている。

また、画面共有やリアルタイムでの字幕表示(英語のみ)、好みに合わせたレイアウト変更機能(参加者全員の顔が見られるタイル表示等)なども利用することができるとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。