スマートディスプレイ 「Google Nest Hub」 が日本で発売へ

5月7日(現地時間)、Googleは米マウンテンビューで年次開発者会議 「Google I/O 2019」 を開催し、同イベント内でスマートディスプレイ 「Google Nest Hub」 を日本で発売することを発表した。

「Google Nest Hub」 は、もともと 「Google Home Hub」 として販売されていたスマートディスプレイの名称を変更したモデル。同モデルは従来まで日本では販売されていなかったが、今回から新たに日本でも販売されることが決定した形となる。

「Google Nest Hub」 が日本で発売

「Google Nest Hub」 にはGoogleアシスタントが搭載されており、自然な言葉で話しかけるだけで天気やニュースを確認したり、スマート家電を操作するなど様々な操作が可能。ディスプレイが搭載されているため、質問結果や天気などを視覚的に確認できるほか、YouTubeで動画を視聴することも可能だ。

同製品の特徴については 「Google Home Hub」 発表記事で詳しくまとめているため、以下記事をご覧いただきたい。

【関連記事】新型スマートディスプレイ 「Google Home Hub」 正式発表 自宅の「ハブ」として活用可能

「Google Nest Hub」 の価格は129ドル。すでに日本の公式サイトには 「Google Nest Hub」 の製品ページが設けられているが、まだ現時点では価格や発売日などの詳細は明らかにされていない。購入を検討している方は、とりあえず製品ページからメールアドレスを登録して最新情報を受け取れるようにしておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。