「Google Nest Cam」 「Google Nest Doorbell」 8月26日に発売

8月5日、Googleは 「Google Nest Cam」 「Google Nest Doorbell」 を発表。8月26日(木)に国内発売すると明らかにした。

「Google Nest Cam」 「Google Nest Doorbell」 予約受付がスタート。8月26日発売

「Google Nest Cam」 は、「屋内、屋外対応/バッテリー式」 と 「屋内用 / 電源アダプター式」 の2モデルが用意されており、価格は前者が23,900円(税込)、後者が12,300円(税込)。

「Google Nest Doorbell」 はバッテリータイプのみの展開で、価格は23,900円(税込)。Googleストアと各販売店のオンラインサイトにて予約・購入可能だ。

「Google Nest Cam」 は、Google Nestシリーズのスマートカメラで、防犯や見守りのために使える製品。人や動物、車両を検出し、“屋内外で発生する重要なイベントのみ” に絞りユーザーに通知を送信できる。

「Google Nest Doorbell」 は、バッテリー式ビデオドアホンで、人や動物、車両に加えて荷物も検出可能だ。いずれも従来製品は有線で使用することが前提だったが、新型モデルはバッテリー内蔵タイプが用意されたことで、電源から遠い場所でも手軽に設置できるように。

これらの製品はGoogle Homeアプリで一元管理し、Google Nestスマートディスプレイなどと組み合わせて使用することが可能で、たとえばキッチンに設置したGoogle Nest スマートディスプレイから庭をリアルタイムで確認したり、ドアホンが鳴ったときに通知を受け取ったりできる。映像をクラウドに接続せずデバイス上で処理することで、より関連性の高い通知や、プライバシーとセキュリティの強化を実現した。

さらに特定のエリアを指定し、エリア内で何か起きたときに通知を受け取れる 「アクティビティエリア」 、カメラが誰を認識すべきかユーザー自身で設定、管理できる 「認識済みの人物の検出」 などの機能も利用可能だ。動画履歴から作成したクリップを友だちや家族に送信することもできる。

Wi-Fiが停止したり停電した場合、「Google Nest Cam (屋内、屋外対応/バッテリー式)」 と 「Google Nest Doorbell」 は、最大1時間の動画履歴 (約1週間分のアクティビティ) をローカルストレージに記録できる。

「Google Nest Cam」 「Google Nest Doorbell」 の発売にあわせて、Google Nest 製品向けの便利な定期購入サービスも発表されている。本サービスは動画履歴や追加機能が使えるサブスクリプション。過去30日間のアクティビティの動画履歴を確認できるほか、認識済みの人物の検出機能を利用できる。カメラごとではなく、すべてのGoogle Nestデバイスで利用可能だ。月額630円(年間購入 6,300円)で提供される。

さらに、過去10日間の連続動画履歴と過去60日間のアクティビティの動画履歴を利用できるGoogle Nest Aware Plusが月額1,260円(年間購入12,600円)で提供される。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。