軽量版Googleフォト 「Gallery Go」 が配信開始 Googleフォトはユーザー数10億人を突破

現地時間7月24日、米GoogleはGoogleフォトの軽量版アプリ 「Gallery Go」 の配信を開始した。Google PlayでAndroid端末向けに配信されており、現時点ではiOSデバイスは利用することができない。

Googleフォトの軽量版アプリ「Gallery Go」がリリース

「Gallery Go」 は、Googleフォトアプリを軽量化したアプリ。利用できるのはローカルのみ (オフライン) で、Googleのクラウドサービスを利用することはできないが、Googleフォトと同じ自動編集機能や写真のグルーピング機能、各種補正機能などが利用できる。

アプリのデータサイズもわずか10MBと軽量なのが特徴で、主に新興国をターゲットにしたアプリケーションになっているが、日本のような先進国市場でもGoogle Play経由でダウンロードすることが可能だ。サポートOSは、「Android 8.1 Oreo」 以降。

ちなみに、Googleは 「Googleフォト」 のユーザー数が10億人を突破したことを明かした。

2015年のサービス開始からわずか4年で10億人突破は極めて早いスピード。当然これを達成できたのは、Android端末に標準搭載されているためだが、それ以上にGoogleフォトのサービス自体がユーザーに受け入れられている証拠でもあると言える。

GoogleはGoogleフォトに次々と新機能を投入していることから、今後もユーザー数は驚異的なスピードで増えていくことが考えられる。

関連記事
Googleマップに 「バスのリアルタイム遅延情報」 と 「交通機関の混雑予測」 機能が追加
GoogleフォトとGoogleドライブの自動同期が7月10日に終了

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。