Google、クラウドゲームサービス 「Stadia」 の詳細を6月7日に発表へ 価格やローンチタイトルが明らかになる予定

Googleのクラウドサービス 「Stadia」 の料金体系やローンチタイトルがまもなく明らかに。

Googleは4日、Stadiaの詳細を発表する配信イベント 「Stadia Connect 6.6.2019」 を6月6日午前9時(PT)、日本時間では6月7日午前1時に実施することを発表した。

配信イベントはYouTubeから一般ユーザーも視聴可能で、当日はStadiaのローンチタイトルや料金体系などサービスの詳細が発表される見込みとなっている。

またサービス開始時期に関しては米国など欧米では2019年内と伝えられているが、その他の地域でのローンチ時期については明らかになっていない。日本国内ではそのあたりにも注目が集まりそうだ。

Stadiaは、Googleが開発中のクラウドゲームサービス。サービスはすべてクラウドベースで動作するためネットワーク環境さえあればいつでもどの端末でもゲームをプレイすることができるというもの。

またデバイスの切り替えもスムーズなため、例えば初めはPCでプレイし始め、外出する際にスマートフォンに切り替えてプレイするといったことも可能。複数のデバイスをシームレスに切り替えられるため、途中のセーブ&ロードが不要などこれまでのゲームハードでは実現できなかった遊び方ができる。

開発段階のStadiaは、現在1080p/60fpsで動作するように作られているが、正式ローンチ時には最大4K/60fpsで動作できるように改良をくわえる。そして将来的には8K/120fps以上に対応する予定であることが明らかにされているほか、HDRやサラウンドサウンドもサポートする予定でもあるという。

【関連記事】Google、ゲームストリーミングプラットフォーム「STADIA」 発表 2019年サービス開始予定、独自のコントローラーも披露

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。