米Google、Huaweiとの一部ビジネスを停止へ

google logo

現地時間5月19日、米Googleが中国Huaweiとの一部ビジネスを停止したことが明らかになった。米Reutersが関係者から入手した情報として報じている。

これにより、Huaweiは最新のAndroid OSが利用できなくなるほか、「Google Play」 や 「Gmail」 といったGoogleが特許権を持つサービスも利用できなくなるという。

最新Android OSやGoogleの各種サービスが利用不可に

関係者からの情報によると、Huaweiが販売する端末では最新のAndroid OSは利用できなくなり、「Android Open Source Project (AOSP)」 として無料で提供されているOSのみが利用できることになる。もちろん、Googleからのサポートもなくなる見通しだ。

また、今後発売するHuaweiのスマートフォンでは、「Google Play」 や 「Gmail」 、「YouTube」 などのGoogleのサービスにアクセスできなくなるとみられる。中国ではGoogleが提供する大半のサービスが禁止されており、代替アプリが提供されていることから影響は限定的とみられているが、世界的には大きな不利益を被ることになりそうだ。

米政府によるHuaweiへの制裁措置はすでに報じられている通りだが、今回のGoogleの措置により、今後販売される端末だけでなく、これまでに販売された端末も影響を受けることになる。

Huaweiのスマートフォンは世界的にも人気が高く、日本でも 「Huawei P30 Pro」 や 「Huawei P30 Lite Premium」 などの最新端末が2019年夏モデルとして各キャリアから販売される予定。もちろんこれらの端末も影響を受けることが予想されるため、すでに予約注文を完了している方、購入を検討している方は今後の情報に注意が必要だ。

【追記】2019.05.20 Googleから公式発表。Huaweiとの取引中止はやはり事実であるようだ。また、既存製品に関しては(現時点では)引き続きGoogleのサービスを利用することができるとのこと。詳細 → Huawei、既存製品は引き続きGoogleのサービスを利用可能 Googleが公式声明

▶︎ 各種Android端末の予約・購入は以下の公式オンラインショップから!

[ img via Trevor Devine ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。