GoogleがFitbit買収を正式発表 買収額は21億ドル

11月1日、GoogleはFitbitを買収することを正式に発表した。買収額は21億ドル、日本円にして約2,300億円。買収は規制当局の承認が必要で、2020年に完了する見通し。

買収にともないGoogleはFitbitの持つヘルスケアデータはGoogle広告に使用しないこと、健康やフィットネスデータのプライバシーについて今後も丁重に管理していくことを明らかにしている。

GoogleがFitbit買収を正式に発表

Fitbitはスマートウォッチやアクティブトラッカーの開発で有名なウェアラブルデバイスメーカーで、Fitbit Versaなどの人気製品を販売していた。今回の買収によってGoogle傘下に入るが、これまでのFitbit製品や今後の製品づくりがどう変化するのかについては明かされていない。

Googleは、Fitbitのノウハウを使った独自のスマートウォッチを開発する計画のようだ。本日公開したブログ記事でもMade by Googleのウェアラブルデバイスを市場に投入していく考えであることを明らかにしている。ちなみにGoogleはAndroid向けにスマートウォッチ向けのOS 「Wear OS」 を提供しているが、同OSを利用したスマートウォッチ製品を販売していない。

関連記事
Fitbit Versa 2、日本では9月11日予約開始 価格は26,990円(税込)から

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。