「Google Chrome 64」が一般リリース サイト単位で音声ミュートが可能に

google-chrome-download-offline-installer

あなたが閲覧するウェブサイト群の中に、自動的に動画を再生するタイプのサイトはないだろうか。もし心当たりがあるなら、最新版の「Chrome 64」をインストールし、問題のサイトのタブを右クリックしてみよう。

1月25日、Googleはデスクトップ向けブラウザ「Chrome 64」の安定版(v64.0.3282.119)を、一般ユーザー向けに公開した。同バージョンでは開発者向け拡張機能のほか、サイトごとの音声ミュート化など、一般ユーザーにとっても快適となる機能がいくつか搭載されている。

 

今回のアップデートで特に注目を集めているのが、「サイトごとの音声ミュート化」。具体的には、任意のサイト全体をミュート化できる機能となる。v63で導入が見送られていたが、ようやくバージョン64で利用できるように。

設定するには、アドレスバーの左にあるアイコンをクリック。するとプルダウンメニューが表示されるので、中から「サイトの設定」を選択し、「音声」の項目から「ブロック」を選択するだけ。

ちなみに、当然だがミュート化してもサイトの閲覧はこれまで同様に可能。ただし、一度ミュート設定にするとサイト内の動画・音声コンテンツは音を発することができないため、これらを利用したい場合は再び音声設定を許可する必要がある点に注意が必要だ。

そのほか、「Google Chrome 64」には動画の自動再生をブロックする機能や、リダイレクト広告をブロックする機能が搭載されている。もちろん、恒例のセキュリティ向上も実施されている。

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。