Google Homeに「Continued Conversation機能」が実装 OK Googleを言わず連続質問ができるように

今年5月の「Google I/O 2018」で発表されていたGoogleアシスタントの新機能「Continued Conversation機能」が、いよいよ本日から使えるように。

Googleは現地時間21日、Google Homeに「Continued Conversation機能」を実装したことを発表。US英語で利用することが可能になっている。

Google Homeが連続質問できるように

この「Continued Conversation機能」は、簡単に言うとユーザーの手間を省くための機能。Googleアシスタントに何か複数の質問・命令をするには、今まではウェイクワードである「OK Google」を命令ごとに言う必要があったが、この新機能を使えば最初のウェイクワードだけで連続して命令が可能になる。Amazon Echoのフォローアップモードと似た機能だ。

最初の命令を実行したあと、Google Homeは8秒間だけ聞き取りを継続する。その間はずっとLEDが点灯するため、続けて命令ができる状態なのかどうかは一目瞭然だ。Continued Conversationを終了させたい場合は、「Thank you.」あるいは「Stop.」と言うことで聞き取りを終了させることができる。

「Continued Conversation 機能」を利用するためには、Google Homeの設定を変更する必要がある。設定はとても簡単で「Google アシスタント」アプリから「Setting」→「Preferences」の順に進んでいき、「Continued Conversation」の項目をオンにするだけだ。

ちなみに前述した通り、「Continued Conversation」は米国の英語で利用することができる。日本語を含む他言語では利用できないので、その点には注意が必要だ。

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。