Google、スマートホームスピーカー「Google Home」を発表 -Amazonの「Echo」に対抗

google-home8

本日、「Google I/O 2016」が開幕し、早速Googleの基調講演が行われた。その中でGoogleは、家庭用デジタル音声アシスタント端末である「Google Home」を発表した。

一家に1台「Google Home」-Amazonの「Echo」に対抗

googlehome7

「Google Home」は話しかけることで、様々なタスクをこなしてくれる音声アシスタント端末の1種で、つまるところスマートホームスピーカーだ。大きめのスピーカーを搭載した「Google Home」は音声コントロールが可能で、音声アシスタントと会話するように様々なタスクをこなしてくれる。

例えば、「音楽を流してくれ」だとか「今日の天気はどう?」など、様々な質問を「Google Home」に投げかけることで、その質問にあった答えを返してくれる。その他、Uberを読んだり、ピザなどの出前を頼むこともできるとのこと。

googlehome4

「Google Home」自体の大きさは手のひらには収まらないが、楽々と片手で持ち上げることができるくらいの大きさで、デザインは家庭によくある芳香剤やアロマポットのような形をしている。

googlehome3

「Google Home」は、「Google Drive」などのクラウドに対してアクセス権を持った端末になるため、クラウドに入っているデータの内容もコントロールすることができるという。そして、Googleが販売している「Chromecast」や「Chromecast Audio」もサポートしており、同端末を使って接続されたすべてのワイヤレススピーカーで音楽を流すことも可能だ。

googlehome5

「Google Home」の上部には、GoogleのイメージカラーのLEDがあしらわれており、点滅することで動作中であることを表わすとのこと。胴下部分は複数のカラーが用意されており、部屋の雰囲気や好きなカラーに自身でカスタマイズができる。

googlehome6

googlehome2

Amazonが発表した「Echo」に対抗した製品とされているが、デザイン的に「Google Home」の方が個人的には好きだ。端末の大きさも割と小さめなので、リビングなどに置くのにもそこまで邪魔な存在にはならなさそうだ。

「Google Home」は2016年の後半にはリリースされる予定で、現在のところ価格や日本でリリースされるかどうかは不明だ。今後の続報を待とう!

googlehome7
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう