「Google I/O 2021」 基調講演は日本時間5月19日(水)午前2時から開始。各セッションの配信時間チェックを忘れずに

米Googleは米国時間18日から20日にかけて、開発者向けイベント 「Google I/O 2021」 をバーチャルで開催する。

イベント冒頭では恒例の基調講演が予定されており、現地時間5月18日(水)午前10時、日本時間では5月19日(水)午前2時から配信がはじまる。配信はこちらのリンク(YouTube)で視聴可能だ。

「Google I/O 2021」 基調講演は日本時間5月19日(水)午前2時から

基調講演には、GoogleのCEOサンダー・ピチャイ氏が登壇し、なんらかの大きな発表を行うとみられている。

現時点で予想されているのは、次期スマートフォン向けOS 「Android 12」 のほか、今夏以降に発売予定の新製品たち。これまでの噂を考慮すると、新型完全ワイヤレスイヤホン 「Pixel Buds A」 やGoogleアシスタントを搭載した何か (スマートスピーカーなど?) の登場が期待できる。

また、「Apple Silicon」 のようなGoogle独自プロセッサ 「Google Silicon (仮称)」 が開発されているという情報が海外から伝えられているのも気になるところ。

次期スマートフォン 「Pixel 6 (仮称)」 の発表が今年後半とされていることから今回のGoogle I/Oで発表される可能性はすこし低いかもしれないが、開発者にとって大きな影響がある事柄である可能性であることも踏まえると今回のGoogle I/Oで発表されてもおかしくはないとも言える。いずれにしても今回のGoogle I/Oも見逃せないイベントになりそうだ。

なお、Google I/Oは冒頭の基調講演(5月19日午前2時から)のほか、デベロッパー向け基調講演が(5月19日午前4時15分から)予定されている。その後のセッションスケジュールについても公式サイトにて詳しく紹介されているので、ご自身が興味あるセッションの配信時間をぜひチェックいただきたい。基調講演の視聴はこちらのリンクから。

ちなみに、公式サイトを一番下までスクロールするとブロック崩し風のゲームで遊ぶことができる。クリアすると何かが起こるかも…?お時間のある方はぜひ遊んでみていただきたい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。