Google、「Wear OS 3.0」 発表。SamsungのTizenと統合でパフォーマンス向上とバッテリー持ちが改善

5月19日、米Googleは開発者会議 「Google I/O 2021」 をオンラインで開催。冒頭の基調講演の中で、「Wear OS 3.0」 を発表した。

「Wear OS 3.0」 正式発表。SamsungのTizenと統合

「Wear OS 3.0」 は、Googleのスマートウォッチ用OS 「Wear OS」 の次世代版となる。 2018年に 「Wear OS 2.0」 が発表されて以来、最大のアップデートとなる。

「Wear OS 3.0」 の特徴は、SamsungのTizenと統合することでパフォーマンスの向上とバッテリー持ちの改善、そして開発者コミュニティの促進によるアプリの増加期待。

パフォーマンスの改善は、最新のチップセットにおいてアプリの起動速度が30%高速になったとのこと。さらに新しいナビゲーションシステムによって視覚的な改良も行われた結果、これまでよりも作業が高速になるとしている。

バッテリー駆動時間についてはOSの最適化によって実現した。低電力のハードウェアコアを利用することでバッテリー持続時間を改善し、心拍数計を使っても最大1日持続するように改良が行われている。

さらにFitbitとの連携によって、Wear OSのフィットネス機能が強化。Fitbitの機能だった、その日の歩数が1万歩を達成した際に送られるセレブレーションが利用可能になるなどの恩恵もあるという。

YouTube MusicもWear OSに対応し、外出先で音楽をダウンロードできるようになる。

「Wear OS 3.0」 はすべてのデバイスメーカーが利用できるとのこと。正式リリースは2021年秋を予定している。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。