「Google I/O 2023」 5月11日午前2時より開催。基本オンラインで開催、Pixel 7aやAndroid 14など発表か

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間3月7日、Googleは年次開発者会議 「Google I/O 2023」 を開催することを、ティザーサイトを介して発表した。

今年のGoogle I/Oは、5月10日午前10時から (日本時間5月11日午前2時から)、米カリフォルニア州マウンテンビューにあるShoreline Amphitheatreで開催される。一部対面形式でオーディエンスを入れる予定だが、基本的には、昨年と同様オンラインで配信される。参加費は無料。

「Google I/O 2023」 5月10日に開催決定

「Google I/O 2023」 の開催日程や開催形態については明らかになったが、具体的なイベント内スケジュールや、肝心の “なにが発表されるのか” についてはまだ何もわかっていない。

例年通りであれば、最新OSのAndroid 14が発表されるとみられるが、ハードウェアとしてはミドルレンジスマートフォン 「Pixel 7a」 などの発表が期待されている。

また、会話型言語モデル 「LaMDA (Language Model for Dialogue Applications)」 を採用した対話型AI 「Bard」 に関する発表も行われる可能性が高い。

関連記事
Google、新⁠生活⁠応援キ⁠ャ⁠ン⁠ペ⁠ーン開催中。「Pixel 6a」 が実質ゼロ円で購入可能
Google、ChatGPT対抗のAIチャットボット 「Bard」 公開。Google検索にもAIが組み込まれる

(画像:Google)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。