Googleマップにダークテーマ導入。まもなくAndroidでリリース予定

現地時間2月23日、Googleは同社地図アプリ 「Google マップ」 にダークテーマを導入することを正式に発表した。同機能はまもなく全世界のAndroidユーザーが利用できるようになると案内されている。

Android向けGoogle マップにダークテーマが導入

上記が公開されたGoogleマップのダークテーマのイメージ。全体的に黒を基調としたデザインに切り替わり、検索バーなどの各ボタンはグレーカラーが採用されている。

ダークテーマを利用することで目への負担が軽減されるほか、有機ELディスプレイを採用している端末ではバッテリー消費を抑えられる可能性がある。

ダークテーマへの切り替えは、「設定」 から 「テーマ」 をタップし、「Always in Dark Theme (常にダークテーマにする)」 をタップすると変更できる。元に戻したいときは 「Always in Light Theme (常にライトテーマにする)」 をタップするだけだ。

GoogleマップのダークテーマはまもなくAndroidで利用できるようになる予定。現時
点ではiOSアプリに関しての案内はないが、近いうちに利用できるようになるかもしれない。今後の情報に注目だ。

Googleはこのほかにも、近々アップデートで導入する新機能について案内している。具体的には侵害されたパスワードをチェックしてユーザーに注意を促すパスワードチェックアップ機能や、スマートフォンがロックされた状態でもGoogleアシスタントを使ってテキストを送信する機能など5つの新機能が紹介されている。詳しくはGoogle公式ブログをチェックしていただきたい。

関連記事
Pixel 6は顔認証と指紋認証の両方をサポートか。Android 12の開発者プレビューから記述が発見
「Pixel 5a」 とみられる画像がリーク。Pixel 4a(5G)と同じようなデザインに

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。