Apple Watch版 「Google マップ」 アプリが配信再開

現地時間9月9日、Googleは8月にアナウンスしていた Google マップ」 のApple Watch版アプリの配信を再開した。App Storeで配信されているiOS版アプリの最新バージョン5.52を適用することで利用することが可能だ。

Google マップのApple Watch版アプリは2017年に一度サービスが終了していたが、今回のiOS版のアップデートを適用することで、再度Apple Watchで利用することが可能になる。

Apple Watch版アプリは、iPhoneで行き先を設定することで右折・左折などのナビゲーションを手首で確認可能。移動モードは車・自転車・公共交通機関・徒歩をサポートしている。

関連記事
GoogleマップがCarPlay ダッシュボードに対応 Apple Watchにも専用アプリが復活へ
Apple Watch Series 5 レビュー (チタニウム) | 時計の常時表示でスマートウォッチから本物の腕時計に昇格

▶︎ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 6
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Series 3
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。