Google、2年間利用がない放置アカウントのデータ削除へ。Gmail、Googleフォト、Googleドライブが対象

12月7日、米Googleは 「Googleドライブ」 「Gmail」 などGoogleのオンラインサービスにおいて、一定期間利用のないアカウントに保存してあるデータを削除する方針であることを発表した。

対象となるサービスはGmail、Googleフォト、Googleドライブ。2年間利用がないアカウントあるいは割り当て容量の超過状態が2年間続いた場合にデータの削除が行われるという。

2年間利用のないアカウントのデータが削除へ。利用者は定期的な利用が必要に

この方針は2021年6月に行われるポリシー変更によって導入される予定で、該当するアカウントは最短で2023年6月1日にデータが削除されてしまうことになる。これらのアカウントをお持ちの方は、定期的にそれぞれのサービスを利用することを心がけた方が良いだろう。

ちなみに削除の判定は各サービス、アカウントごとになっていて、たとえばGmailを継続利用していたとしても、GoogleドライブやGoogleフォトに2年間アクセスをしていない場合はこれらのアカウントに保存されているデータが削除されてしまう可能性がある。

また、Googleアカウントには15GBの無料の保存容量が設けられているが、この上限15GBを超過した状態で放置する場合も削除対象となってしまう。空き容量を増やす、追加容量を購入するなどといった “上限を超えないようにする対応” をしない場合はGmail、Googleドライブ、Googleフォトにあるすべてのデータの削除が行われる可能性があるとのこと。

削除する前には各アカウントに対して事前の告知が行われたり、削除を回避できる方法として追加の保存容量の購入やファイルの削除の仕方を紹介する。また、データのダウンロード方法の案内も行うという。

ちなみにGoogleは2020年11月にGoogleフォトについて無料で写真を無制限アップロードできるサービスを来年6月に廃止することを発表していたが、今回の発表はGoogleのサービスをさらに縮小するものとなる。

関連記事
Googleフォト、無料で写真を無制限アップロードできるサービスを来年6月に廃止。ただしPixelユーザーは引き続き利用可能

▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「MacBook」をAppleの学生・教職員向けストアで購入
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。