Google PayがPASMOに対応。定期券の継続や残高チャージも可能

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(画像:PASMO)

9月28日、Googleは同社スマートフォン決済 「Google Pay」 がPASMOに対応したと発表した。同日より、AndroidスマートフォンのGoogle Playアプリにおいて、PASMOが利用可能だ。

Google Payは2016年に日本国内でサービスが開始された支払いサービス。これまでSuica、nanaco、楽天Edy、WAONなどの主要な電子マネーに加えて、QUICPayやiD、Visa/Master cardのタッチ決済が利用可能になっていたが、今回新たにPASMOが追加された形。電子マネーや鉄道/バスなどの交通機関への支払いにPASMOが利用できる。

(画像:Google)

Google PayでPASMOの利用を開始するには、PASMOの新規発行のほか、モバイルPASMOに登録されているPASMOカードをGoogle Payに紐づけることでも利用できる。Googleアカウントに保存されているクレジットカードからチャージしたり、定期券の継続もGoogle Payから可能だ。

関連記事
「Chromecast with Google TV(HD)」 発売。フルHDでお手頃価格の4,980円(税込)
Google、新製品発表イベント10月6日23時より開催。「Pixel 7/Pixel 7 Pro」 「Pixel Watch」 などいよいよ発売へ

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。