Googleフォト、3つの新機能を2021年1月に追加へ。「Cinematic photos」 や 「思い出」 機能など

現地時間12月15日、米Googleは同社写真サービス 「Googleフォト」 に3つの新機能を追加予定であることを発表した。

追加される機能は、「Cinematic photos」 や 「思い出」 機能。そしてすでに存在するコラージュのリニューアル版。

Cinematic photos

1つ目の 「Cinematic photos」 は、写真を機械学習を使って3D化する機能。Googleが自動的に 「Cinematic photos」 が適用できるか判断する仕組みになっていて、ユーザーが各写真に対して3D化を指示したりする操作は必要ない。3D化された写真はズームイン・ズームアウトすることができるほか、家族や友人に共有することもできるのだとか。提供は2021年1月を予定している。

コラージュのリニューアル

複数の写真を選ぶと自動で1枚のページにまとめられる 「コラージュ」 がリニューアル。これまではただ選んだ画像が並べられるだけだったが、リニューアル後にはAIが写真の内容を自動で判断してレイアウトを行い、写真のカラーにあったフォントなどを使ってフォトアルバムのようなユニークなデザインに仕上げてくれる。

「思い出」 機能

最後は 「思い出」 に追加される新機能。「思い出」 とはGoogleフォトアプリの上部に表示されるハイライトが表示されるエリアのことを指すが、新たに追加される機能はこのエリアに多数ある写真の中から特定の人やアクティビティーの写真が表示されやすくなるというものになる。

ユーザーの好みのアクティビティや写真に登場する機会の多い人物をGoogle AIが分析することで実現。朝日や日没、夜景などのシチュエーションにも対応しているようだ。また、特定の人物やアクティビティ、期間などを手動で非表示にすることも可能だ。

関連記事
Google、2年間利用がない放置アカウントのデータ削除へ。Gmail、Googleフォト、Googleドライブが対象

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。