Google PlayのゲームがWindows PCでプレイ可能に。まずは香港、韓国、台湾の3地域で

現地時間1月19日、米Googleは 「Google Play ゲーム」 のベータ版をWindows 10/11向けにローンチ。一部地域において、Google Play向けに配信されているタイトルをWindows PCでプレイできるようにした。

現時点でベータ版を利用できるのは香港、韓国、台湾の3地域。提供地域は今後拡大する予定となっている。

「Google Play ゲーム」 は、Android向けに提供されているゲームタイトルをPCでもプレイできるようにするスタンドアローンアプリケーション。昨年12月にGoogleのシニアバイスプレジデントHiroshi Lockheimer氏が、Google PlayのゲームをまもなくWindows 10/11搭載PCでもプレイできるようにすると宣言していたが、そのベータ版が本日より提供開始された形。

同アプリケーションを利用することで、AndroidデバイスおよびChrome OS、Windows PCにおいて、Android向けゲームタイトルをプレイできるようになる。

ゲームの進捗はプラットフォーム間で同期されるため、Androidスマートフォンでプレイしたあと、PCでプレイを再開することも可能。マウスとキーボードもサポートしているという。

(via The Verge)

関連ページ:Google Play ゲーム

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。