「Google Play Pass」 日本で提供開始。Googleのアプリ使い放題サービス

4月28日、Googleは 「Google Play Pass」 の提供を日本国内で開始すると発表した。提供は今週から順次。

「Google Play Pass」 は、Google Playで配信されている一部の対象アプリ・ゲームアプリが、一定額を支払うことで使い放題になるサブスクリプションサービス。契約するとアプリ内の広告配信が無くなったり、アプリ内の課金要素を支払わずに利用可能になる。

米国では2019年より提供が開始されていたが、ついに日本でも利用可能に。利用料金は月額600円または5,400円で、 Google Play ストア アプリの右上プロフィール写真から1ヶ月の無料トライアルも試すことが可能。

また、「Google ファミリーグループ」 を利用している場合については最大五人の家族が利用できる。

配信タイトルのラインナップは41のカテゴリから数百種類におよぶ。まずは『ねこあつめ』『ベリーリトルナイトメア』『信長の野望・武将風雲録』『冒険ダンジョン村』など一部タイトルが対象となり、今後複数のタイトルが追加予定。『モンスターハンターストーリーズ』が近日中、『FINAL FANTASY VII』が 2022年夏~秋頃に追加予定とのことだ。

▼ Apple公式サイトでデスクトップMacをチェック
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Google)

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。