「GoPro HERO10 Black」 正式発表。5.3K/60fps撮影に対応、GP2プロセッサーでパフォーマンス2倍に

9月16日、GoProは新製品 「GoPro HERO10 Black」 を発表、同日より販売を開始した。

価格は64,000円(税込)。GoPro公式サイトはじめ各ECサイトにて購入が可能。また、GoProサブスクリプションとのセット販売も行われ、1年間のGoProサブスクリプション付きで54,000円で購入できる。すでにGoProサブスクリプションに加入している方も同額で購入可能だ。

▼ 「GoPro HERO10 Black」 を以下ストアで購入
GoPro公式サイト
Amazon.co.jp
ビックカメラ.com
ノジマオンライン

「GoPro HERO10 Black」 正式発表

「GoPro HERO10 Black」 は、「GoPro HERO9 Black」 の正統後継モデル。5K/60fpsの高解像度撮影に加えて、4K/120fps、2.7K/240fpsでの撮影に対応する。先代の 「GoPro HERO9 Black」 に比べて2倍のフレームレートでの撮影が可能だ。

スローモーション撮影は5.3K/60fpsは2倍、4K/120fpsは4倍、2.7K/240fpsは8倍に対応する。

上記フレームレートの向上は、新プロセッサ 「GP2」 を搭載することで実現している。同プロセッサはそのほかにも、ローカルトーンマッピング(LTM)と3Dノイズ低減(3DNR)を特徴とするビデオアルゴリズムの進化にも貢献。また、低光量環境でも精細かつ美しいコントラストでの撮影が可能だ。

さらに、カメラ内ビデオスタビライゼーション機能 「HyperSmooth」 もバージョン4.0に進化。手ブレ補正や水平性安定も向上している。水平維持機能は4K/60fps、2.7K/120fps、1080p/120fps撮影時におけるチルトリミットが27°から45°に拡大。動きの激しい環境でも、水平を保ちプロのようなビデオを撮影することができる。

写真の解像度は23MPに進化。また、19.6MPの静止画を5Kの4.3ビデオから、15.8MPの静止画を5.3K 60fpsビデオから切り出すことができるので、スポーツや動きの速いアクティビティの高画質な静止画を撮影するのに最適とGoProはアピールする。

「GoPro HERO10 Black」 には新しいレンズカバーが導入されている。撥水性が高い疎水性のレンズカバーになっており、ウォーターアクティビティにおいて水滴が撮影の邪魔をする機会が減るはずだ。さらに、傷耐性が強化、ゴーストの発生も抑えられるという。

搭載ポートは、HDMI-Out、USB-Cポート、3.5mmマイクポート。

撮影した動画・写真は、クラウドへ自動アップロードしたり、ワイヤレスでスマートフォンに転送したり、有線で各デバイスに転送することが可能だ。

クラウドへの自動アップロードは、GoProサブスクリプション(月額600円もしくは年額6,000円)への加入で利用できる。「GoPro HERO10 Black」 を自宅Wi-Fiに接続し、充電すると自動的にアップロードされる仕組み。オリジナル画質のまま、容量無制限でバックアップできる。

スマートフォンへの転送はQuikアプリを利用する。有線はUSB-Cケーブルで行う。ちなみに有線接続は、ワイヤレス転送に比べて50%高速であるとのことだ。

なお、今後のファームウェアアップデートで 「GoPro HERO10 Black」 にはMaxレンズモジュラーへの対応や、撮影モードの追加 (具体的には5K 4:3 24fps、4K 4:3 30/25/24fps、5.3K 24fps、1080 24fps) を予定している。

「GoPro HERO10 Black」 は、本日からGoPro公式サイトおよび各ECサイトや家電量販店で購入可能だ。

▼ 「GoPro HERO10 Black」 を以下ストアで購入
GoPro公式サイト
Amazon.co.jp
ビックカメラ.com
ノジマオンライン

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

関連記事

記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!