新型アクションカム 「Go ProHero 9 BLACK」 が発表。前面1.4インチカラー液晶で自撮り撮影も快適に、手ブレ補正も進化

9月16日、GoProは新型アクションカメラ 「GoPro Hero9 BLACK」 を正式に発表した。前モデル 「HERO8 Black」 の登場から約1年ぶりとなる新型モデルの登場だ。

「GoPro Hero9 BLACK」 は、本日から公式サイトAmazonで注文受付がスタート、発売は9月17日を予定している。価格はオープンで、予想実売価格は59,000円前後となっている。

新型アクションカメラ 「GoPro Hero9 BLACK」 が正式発表

「GoPro Hero9 BLACK」 はGo Proのアクションカメラの最上位シリーズの最新モデル。前面に1.4インチのカラー液晶を搭載し、自撮り時にライブビューが可能になったのが特徴(タッチ操作は非対応)。

背面に搭載された液晶タッチパネルの大きさは2.27インチ。先代モデルから約16%のサイズアップを果たしている。

動画は最大5K/30fpsでの撮影が可能。ほかにも4K/60fpsやフルHD/240fpsでの撮影に対応する。スローモーション撮影は2.7K/120fpsでの撮影に対応。フルHDでの撮影なら最大240fpsでの撮影(8倍スローモーション)が可能だ。

さらに手ブレ補正機能 「HyperSmooth 3.0」 によって、先代よりも激しい動きの中で安定して撮影できるほか、水平維持機能(カメラの傾きを自動的に補正する機能) も搭載されており、ブレの少ない動画を撮影することが可能だ。水平維持機能はオン・オフの切り替えをカメラ内で完結できるため、アプリ内で処理する必要がなくなっている。

「GoPro Hero9 BLACK」 には新たにMaxレンズモジュールが用意されている(別売り)。標準搭載のレンズと交換して装着することで、155度の広角撮影に対応する。前述の手ブレ補正機能 「Max HyperSmooth」 とこの超広角デジタルレンズによって、手ぶれ補正と視野角の効果を “マックス” に高めることができるという。また、カメラを傾けてマウントしたり360度回転しても、ビデオの水平軸または垂直軸を維持することが可能だ。

バッテリー容量は1720mAhで、先代モデルよりもバッテリー駆動時間が30%アップしている。また、防水性能は水深10メートルまでとなっている。

「GoPro Hero9 BLACK」 は、本日から公式サイトAmazonで注文受付がスタート、発売は9月17日を予定している。価格はオープンで、予想実売価格は59,000円前後となっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。