無償版G Suiteが7月1日にサービス終了。「Google Workspace」 へのアップグレードが推奨

Source: Google

現地時間1月19日、米Googleはこれまで既存ユーザー向けに提供してきた、無償版 「G Suite」 の提供を2022年7月1日に終了すると発表した。無償版 「G Suite」 を利用していた方には、「Google Workspace」 へのアップグレードが推奨されている。

「Google Workspace」 は最もやすいプランで1ユーザーあたり月額680円(税込)。無償版 「G Suite」 から継続でアカウントを使い続けたい場合は5月1日までのアップグレードを推奨している。ただし、5月1日までにアップグレードを行ったとしても、7月1日まで 「Google Workspace」 を無料で利用することが可能だ。

5月1日までにアップグレードしなかった場合についても、自動的に 「Google Workspace」 に切り替えられるが、支払情報を入力しなければ一時停止措置がとられるとのことだ。一時停止措置のまま60日間が経過すると、GmailやカレンダーなどGoogle Workspaceのコアサービスが使えなくなるとのことだ。

「G Suite」 は2006年に提供が開始されたビジネス・オーガナイズ向けのサービス 「Google Apps for Your Domain」 としてはじまった。GmailやGoogleカレンダーなどのGoogleのアプリケーション・サービスを独自ドメインで利用できるサービスで、2007年に有償版を追加し、2012年に無償版の提供が終了となった。2016年にG Stuiteへの改称をおこなっており、2020年にはGoogle Workspaceに改称をおこなっているが、無償版の提供が終了となる前に利用を開始していたユーザーには、引き続き無償版 「G Suite」 として提供が継続されていた。

アップグレードが推奨されているGoogle Workspaceには 「Business Starter」 「Business Standard」 「Business Plus」 「Enterprise」 の4つのプランが用意されている。料金体系はそれぞれ月額680円、1,360円、2,040円、Enterpriseについては要問い合わせとなっている。これらにアップグレードすれば、G Suiteで提供されていたGmailやカレンダー、Google Meetなどのすべての機能が利用できるほか、年中無休のサポートが受けられる。また、学校や非営利団体は「Education」「Nonprofits」にアップグレードできる場合があるとのことだ。

なお、アップグレードしないユーザーには、データのエクスポートサービスが提供される。

関連リンク:従来の無償版 G Suite – Google Workspace 管理者 ヘルプ

Android、Android ロゴ、Google、Google ロゴ、Google Home、Google Home ロゴ、Google Home Mini、Google Home Mini ロゴ、Google Nest Mini、Google Nest Mini ロゴ、Google Play、Google Play ロゴ、Google Play Music、Google Play Music ロゴ、YouTube、YouTube ロゴは、Google LLC の商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。