『グランツーリスモ7』新収録車種、スケープス特集追加を含むアップデートを本日配信

5月26日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは『グランツーリスモ7』の最新アップデートの配信を開始した。

同アップデートには、TOYOTA GR010 HYBRID ’21を含む3つの新規車種を追加したほか、スケープスの新たな特集としてニューオーリンズが追加される。

アップデートは、PS4/PS5版『グランツーリスモ7』に無料で提供される。

▼ 追加車種

  • TOYOTA GR010 HYBRID ’21
  • スズキ ビジョン グランツーリスモ
  • ロードスターショップ ランページ

▼ スケープス

  • ニューオーリンズ

「TOYOTA GR010 HYBRID ’21」

ル・マン4連覇も達成。ハイパーカー時代の幕開けを飾ったトヨタのプロトタイプレースカー (※ブランドセントラルで購入可能)

TOYOTA GAZOO Racingは、LMP1規定のTS050 – Hybridで世界耐久選手権を戦い、2018-2019シーズンと2019-2020シーズンを2連覇、ル・マン24時間レースでは3連覇というかがやかしい戦績を上げた。だが、規定変更により、2021年以降は最高峰クラスがLMH規定で行なわれることになった。それに合わせて開発されたのが、GR010 HYBRIDだ。

まったくの新開発であるためTS050とのちがいは多々あるが、最も異なるのはパワートレインだろう。エンジンは500 PSの2.4L V6ツインターボから680 PSの3.5L V6ツインターボとなり、モーターが前輪+後輪の500 PSからフロントのみの272PSとなった。つまりフロントがモーター、リアはエンジンのみのアウトプットで駆動する4WDシステムとなったのだ。

7号車はマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス組、8号車はセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組という布陣で2021シーズンに挑み、ル・マン4連覇を含む6戦全勝を達成。ハイパーカー時代の幕開けをかざった。

(リリースから引用)

「スズキ ビジョン グランツーリスモ」

HAYABUSAの心臓にモーターを掛け合わせたスーパースポーツ (※ブランドセントラルで購入可能)

4輪と2輪の両方を作る、世界でも数少ないメーカーであるスズキ。その4輪と2輪の両方のスポーツマインドを融合させたクルマとして開発され、スズキのフラッグシップ・スポーツバイク 「HAYABUSA」 の高出力エンジンを軽量アルミフレームの車体にミッドシップに積んだコンセプトスポーツカー 「GSX-R/4」 の登場から20年。GSX-R/4はかつて 「グランツーリスモ」 シリーズにも登場したクルマだった。

あれから時を経た今、さらに進化した最新のHAYABUSAのエンジンと、最新のスズキの電動化技術や軽量化技術を用いて蘇ったのが、この 「スズキ ビジョン グランツーリスモ」 だ。

最新のHAYABUSAの1,340㎠ (1,340 cc) エンジンをフロントミッドに搭載したFR駆動のレイアウトをベースに、フロント駆動用にふたつのモーター、リア駆動用に1つのモーターを追加したAWDとするレイアウトとした。このエンジンとモーターとの組み合わせにより、最大出力は合計318 kW (432 PS) /9,700 rpm、最大トルクは610 Nm (62 kgfm) /3,000 rpmを発揮。これを、スズキの軽量化技術を駆使したコンパクトな2シーターオープンボディ (車重970 kg) に搭載した、スーパースポーツマシンとなっている。

エクステリアデザインは、スズキのスポーツマインドを代表するスイフトスポーツのDNAと、かつてのカプチーノを想起させるロングノーズのシルエットとを融合。インテリアデザインでは、GSX-R/4でも採用したモーターサイクルのフレームのようなイメージのデザインを採用し、現代におけるピュアスポーツとしての走りの楽しさを追求した。

(リリースから引用)

「ロードスターショップ ランページ」

2014年GTアワード受賞車。カマロ SSの皮を被った最速のモンスター (※ブランドセントラルで購入可能)

毎年SEMAショーに合わせ、出展車両の中から優れたカスタムカーを選ぶグランツーリスモ・アワード。12回目となる2014年の受賞車は、マッスルカーなどのシャシー・スペシャリストとして知られる、イリノイ州のロードスターショップが手掛けた1970年式シボレー カマロ SSをベースにした 「ランページ」 だった。

前後の巨大なオーバーフェンダーや大型のフロントスポイラーとリアウィングなどで、
そのルックスは迫力たっぷり。だが、このクルマの驚くべきところは、むしろその中身の方。車体は骨格を新たに作り直すと同時にロールケージでがっちりと組み上げ、ボディ各部にはカーボン、FRP、アルミなどを多用して極力軽く仕上げている。

エンジンは750 PSまでチューンナップした7LのLS7を13 cmほど後方にオフセットして搭載し、車重の前後重量配分を調整。前後ともカンチレバー式のインボード型へと変更されたサスペンションは “シャシー・スペシャリスト” の面目躍如といえる。まさしく究極のレストモッドというべき1台だ。

(リリースから引用)

『グランツーリスモ7』とは

『グランツーリスモ7』は、リアルドライビングシミュレーター『グランツーリスモ』シリーズの25周年記念作品。前作である『グランツーリスモSPORT』からグラフィックが大幅に向上しているほか、シリーズ史上最高のクオリティで再現された市販車からレーシングカーまで420車種以上のクルマを収録。

また、膨大な気象データ等を基にしたリアルな時間、気象変化を持つ34ロケーション、97コースレイアウトでドライビングを楽しめる。

本作ゲームプレイの中心となる「カフェ」ではメニューブックの形でさまざまな課題が与えられる。課題にあわせてカーコレクションを集めたり、収録されているコンテンツに触れていくことで、『グランツーリスモ』シリーズを初めてプレイする人も、自然と自動車文化やクルマの楽しみを知り、体験できるようになっている。

(画像提供:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。